マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

政治・経済のポイントを抑えるためには日経新聞よりもテレ東「WBS」を見るほうがいい

f:id:kabuhack:20170419144029p:plain

新聞よりも「WBS」の方が費用対効果は高い

ビジネスマン必読と言われる「日経新聞」。毎朝電車の中では新聞を器用に折りたたんで読んでいる会社員を多く見受けられます。

最近はiphoneやipadで読むことができる電子版を読んでいる人も多いようです。

でも、よく考えると毎朝貴重な時間を30分〜40分も使って読んでいるのに、頭にはあまり入ってこないんですよね。

今朝の日経に何が書かれていた?と質問されても「北朝鮮のミサイル発射」「築地市場の豊洲移転について」といった具合。

新聞を読んでいる時は書いてある事を理解したつもりで読んでいるけど、内容が難しかったり、集中してなかったり、自分には興味がなかったり。。

実際のところ、ほとんどのニュースについてその背景や深層を理解しておらず、前提の基礎知識がないことから、その事柄を理解していないことがおおいのではないでしょうか。

これでは時間とお金の無駄に。

ちなみに日経新聞宅配版の講読料は月4,509円(税込)、電子版は4,200円(税込)です。

そこで最近思ったのが、WBS(ワールドビジネスサテライト)を見れば充分では?ということ。

WBSは月曜日~金曜日に夜11時から約1時間放送される経済報道中心の番組で、その日起こった主な政治・経済のニュースをピンポイントで解説してくれます。

で、オススメはLiveで見るのではなく、録画して翌朝見る事。TVCMをスキップし、1.5倍速で見れば30分ほどで全てを観ることができます。

もちろん日経新聞と異なり無料で、目と耳から情報が入ってくるため、内容も頭にすぅ〜と入ってきます。

最近はWeb上で経済や政治、時事ネタを無料&速報で配信しているメディアも多く、新聞は明らかに落ち目のメディア。

日経や朝日なんてWebサイトを有料化にして、新聞発行の落ち込み分を挽回を図ろうとしていますが、中長期的な凋落は避けられないでしょう。

新聞を購読している方は費用対効果を考えて、新聞を購読するのをやめてWBSに絞ってみることを検討してみてはいかがでしょうか?