マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

サラリーマンも副業して財布を2つ持とう!副業のオススメはパソコン一つでできる仕事です。

サラリーマン(会社員)の副業

「あと2万円自由に使えるお金があったらなぁ。。」「今の会社は今後の業績が不透明。いざという時のためにもっと稼いでおきたい。」

仕事もプライベートも充実、給料の面も申し分ない!という方は別ですが、多くの方がこのようなことを思っているのではないでしょうか?

実際、サラリーマンは雇用されている立場。頑張れば頑張っただけ給料やボーナスに反映される訳でもなく、自分の希望とは別にイヤイヤ仕事をしている場合も。

しかし、生活するうえでお金は大事。簡単に仕事を辞めて転職ということは難しいでしょう。家族がいる場合は尚更です。

そこでオススメしたいのは会社から支給される給料とは別の財布を持つこと。つまり「副業」をすることです。

副業から新たな生き方の可能性が見えてくるケースも。ちょっと勇気を出して新たなことにチャレンジしてみてください!

 

サラリーマン(会社員)の副業について

まずは会社の就業規則を確認

昔は社員の副業は禁止!としている会社が多かったものの、時代の流れや働き方改革などを受け、社員の副業を条件付きでOKとする会社も増えてきました。

一般的に金融機関や大企業はNGのところが多く、IT系の新興企業はOKとしている会社が多いようです。

まずは勤務先の就業規則を確認してみましょう。副業することに問題がなければ、あとは行動するのみです。

副業が禁止されていてもバレない方法がある

就業規則を確認し、「NG」となっている場合でも、副業でお金を稼いでもバレない方法があります。

そもそも、なぜ副業が会社にバレるかというと、副業した収入の住民税が勤務先に通知されるため。

勤務先の経理担当者がこの人の年収は◯◯◯万円なのに、なぜ住民税がこんな金額になるのだ?となってバレてしまうのです。

こうならないため、副業収入を確定申告する際に、住民税を会社が納付する方法(特別徴収)ではなく自分で納付する方式を選択することで、勤務先にバレずに税金を納めることができます。

やってはいけない副業

「副業」と言っても仕事は様々。

本業以外の空き時間で仕事を行うため、時間の融通が利いて、多くても1日2,3時間程度の仕事量の内容のものとしましょう。

あくまでも副業は小遣い稼ぎで、本業に影響を及ぼすようなことは避けるべきです。

手軽にできる副業として「株・FX取引」を推奨しているケースもありますが、これらの投資は損をするリスクもあり、また通常の仕事中も「今損益がいくらだ?」と気になってしまうので、副業としてはおすすめできません。

アパート経営や民泊も慣れるまでは片手間でできるような仕事ではありません。

土日を使って引っ越しやコンビニなどの副業も可能ですが、よほどお金に困っていない限り、学生や若者がやるバイトを行う必要はないでしょう。

 

オススメはWeb系と自分の特技を活かした副業!

サラリーマンの副業

そこでオススメしたいのはパソコン一つでできる仕事

例えばクラウドソーシングで行うライティングの仕事であれば、自分の得意な趣味や分野、例えば野球好きの方であれば野球の記事を執筆することでお金を稼ぐことができます。

最初は1,000文字あたり700円程度と単価の安い案件からのスタートとなりますが、クライアントに評価されることで単価が上がり、仕事も多く請け負うことが可能となります。

ブログやサイトを自身で運営してGoogleアドセンスやアフィリエイトで利益を得る方法もありますが、この場合、数ヶ月程度では結果が出ないことから、中長期的に腰を据えて行う覚悟と持続力が必要です。

本業がプログラマーやWebデザイナーの方は、それらの専門知識を活かせる仕事も多くあります。

特に専門的な知識がないという方はライティングの他、テープ起こし等、自分のできそうな案件を探してみましょう。

平日は1〜2時間程度、休日は3〜4時間程度の仕事量であれば本業に支障をきたすこともないでしょう。

クラウドソーシングは「ランサーズ」と「クラウドワークス」が大手です。

まずは募集中の仕事をザーッと眺めてみて自分でもできそうなものを見つけてみてください。

まずは登録してその後に案件に応募となりますが、最初は実績がないためなかなか受注することはできません。

根気強く何度も応募し、しっかり仕事をこなして実績を重ねることで、よりよい条件の仕事を請け負うことができるようになります。頑張ってください!