マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

8月1日からローソン全店で「楽天ペイ」での決済が可能に

f:id:kabuhack:20170519142636p:plain

2016年の10月にスタートしたものの、加盟店が少なく実用的とはいえなかった「楽天ペイ」。

8月1日から全国のローソン約1万3,000店舗にて楽天ペイが導入され、楽天ユーザーにとっては使用する機会が増えそうです。

楽天ペイとは?

そもそも「楽天ペイ?」という方が多いと思いますので、まず初めに楽天ペイについてポイントを解説します。

楽天ペイとは「楽天ペイのスマホアプリで決済」するサービスのことで、特徴としては、

  • スマホのみで決済できる
  • 買い物に楽天ポイントが使える
  • ポイント2重取り、3重取りが可能

の3点。楽天IDと連携していることから、楽天ユーザーにとって利便性の高いサービスです。

支払いの際はアプリを起動し、

  • バーコードを表示し店側に読み取ってもらう
  • QRコードを表示し店側に読み取ってもらう
  • 自分で金額を入力し支払う

という3通りの方法があり、事前に楽天に登録したクレジットカードにて決済されます。

既に楽天IDを持っていて、楽天市場などのサービスを利用している場合、スマホにアプリをインストールするだけですぐに利用することができます。

楽天ペイ(QRペイ)での決済

ローソンでポイントの3重取りも可能に

ローソンで楽天ペイを使用すると、最大でポイントを3重で受け取ることが可能です。

まず、ローソン店舗で楽天ペイを利用することで、支払い200円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。

そして楽天ペイに登録するクレジットカードを「楽天カード」に設定することで、楽天ポイントが1%還元されます。ここまででポイント2重取りに。

さらに、ローソンが加盟している「Pontaカード」を提示することで、通常通り100円毎に1ポイント付与されます。

楽天ペイのアプリで支払い、楽天カードをで引き落とし、Pontaを提示することで、合計2.5%もの還元率に。

そもそのコンビニは割高なので、ポイント3重取りをするためにわざわざローソンで買い物をするのはオススメできませんが、例えば職場の近くのローソンを毎日利用している方など、ローソンを利用する頻度が高い方はこの「ポイント3重取り」でこれまでよりも多くのポイントを獲得することができるでしょう。

Pontaはカードだけでなく、アプリもあるのでスマホさえ持っていればローソンでの買い物が可能に。

ぜひローソン×楽天ペイでの決済を試してみてください。