マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

初心者にとって最強の投資術は?「買ったら値上がりするまでほったらかし」に勝る投資手法はありません

f:id:kabuhack:20170714133259p:plain

投資に「絶対」はなく、金融工学やAIを駆使しても絶対に勝てるということはありません。

仮にそのように謳っている広告や勧誘があったとしたら、それは詐欺か怪しい投資情報ビジネスのため、深入りしないようにしましょう。

株やFXで儲けるor損する確率は、基本上がるか下がるかの2分の1。しかし、実際は勝率70%の人もいれば、20%の人がいるのも事実。

ではこの差はどのようなものなのでしょうか?

初心者にとって最強の投資術はほったらかし投資

投資する商品は「現物株式」か「FX」が良い

チャートや株式の板情報、寄り付き時に自動売買を設定するなど、独自の投資手法で利益を上げているデイトレーダーもいますが、ここでは投資初心者向けに説明したいと思います。

イメージとしては、まだ株や投信などの金融商品の取引を経験したことがなく、銀行口座に貯まった余裕資金で取引をしようかなと考えている方向けです。

まず投資する商品は「現物株式」か「FX」が良いでしょう。

現物株式の場合、約3,600もある上場企業の中から投資する銘柄を決める必要がありますが「自分が応援したい企業」を選ぶのが基本です。

さらに、株主優待が魅力的で配当利回りが2%程度を超えるような銘柄であれば、なお良いでしょう。

また、証券会社で口座を開設すると、各社銘柄をスクリーニング(選択)できるツールを用意しているので、こういったツールも使いながら銘柄を選定してみてください。

投資商品をFXとした場合は、金利の高い通貨を選びます。

2017年7月現在であれば、ドル/円、豪ドル/円、NZドル/円あたりから選択します。

後は買って目標利益が出るまでほったらし!

投資する商品を決め、銘柄(通貨)を決めたらあとは新規で買ってほったらかしにするだけです。

この時重要なのは、その投資でいくらの利益を出したいか予め決めて、新規注文が約定した後、売り(決済)注文を入れておくこと。

例えばA銘柄を50万円で購入、この取引で3万円の利益を上げるのが目標の場合は、株価が53万円になったら決済するという指し値注文を入れておくのです。

後はこの値段に達するまでほったらかし。放置しましょう。

約定したらスマホにメールが届くような設定にしておけば、頻繁に証券口座にログインして確認する必要はありません。

証券会社や銀行のディーラーと異なり、個人投資家の最大のメリットは「時間」です。

ディーラーのように1日で◯十万円の収益を上げなければならないといったことはありません。この時間のメリットを最大限に活かしましょう。

「余裕資金」で「心にゆとりを持って」投資する

また、余裕資金で行うことも大切なポイントです。

現物株式に投資した場合は、最悪のケースとして株価が暴落して、大きな含み損を抱えてしまうリスクも生じます。

東芝のような大企業でさえ、粉飾決算により株価が大きく下がるということもありました。

稀なケースとはいえこれらのリスクを理解し、投資した金額が仮に0円になっても生活に困らないお金で投資しましょう。

また毎日毎日株価をチェックし、その日の時価評価に一喜一憂というスタイルではなく、週に1回程度チェックし状況を把握するだけに努めましょう。

配当や金利が高い商品に投資することで、長い間持てば持つほど、金利が得られるという効果もあり、これが心のゆとりに繋がるのです。

初心者の方ほど、最初はよくわからず混乱して焦りがち。まずは慣れるまで、ほったらかし投資で試してみるのはいかがでしょうか?