マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

第3次安倍政権3度目の内閣改造「閣僚名簿」発表!外務大臣は河野太郎氏、総務野田聖子氏、防衛小野寺五典氏

第3次安倍政権

8月3日(木)午後に菅義偉官房長官が第3次安倍政権3度目の内閣改造の閣僚を発表しました。

安倍総理は失言をした大臣、国会答弁で力不足を露呈した大臣を経験豊富で安定感のある人に交代させ、発信力のある河野太郎氏を外務大臣、野田聖子氏を総務大臣に起用するなど、支持率回復に向け人事を刷新しました。

 

第3次安倍政権3次内閣改造閣僚名簿

役職 名前 年齢 当選回数 派閥
総理 安倍晋三 62 衆8回
副総理、財務・金融 麻生太郎(留) 76 衆12回 麻生
総務 野田聖子 56 衆8回
法務 上川陽子 64 衆5回 岸田
外務 河野太郎 54 衆7回 麻生
文部科学 林芳正 56 参4回 岸田
厚生労働・拉致 加藤勝信 61 衆5回 額賀
農林水産 斎藤健(初) 58 衆3回 石破
経済産業 世耕弘成(留) 54 参4回 細田
国土交通 石井啓一(留) 59 衆8回 公明
環境 中川雅治(初) 70 参3回 細田
防衛 小野寺五典 57 衆6回 岸田
官房 菅義偉(留) 68 衆7回
復興 吉野正芳(留) 68 衆6回 派閥
防災・国家公安 小此木八郎(初) 52 衆7回
沖縄・北方 江崎鉄磨(初) 73 衆6回 二階
経済財政・人づくり革命 茂木敏充 61 衆8回 額賀
一億総活躍 松山政司(初) 58 参3回 岸田
地方創生 梶山弘志(初) 61 衆6回
五輪 鈴木俊一 64 衆8回 麻生

 

19人の閣僚のうち初入閣は斎藤健農水大臣、中川雅治環境大臣、小此木八郎防災・国家公安大臣、江崎鉄磨沖縄・北方大臣、松山政司一億総活躍大臣、梶山弘志地方創生大臣の6名。

麻生太郎財務大臣、世耕弘成経済産業大臣、石井啓一国土交通大臣、菅義偉官房大臣、吉野正芳復興大臣は留任となりました。

最高齢は麻生副総理で76歳、最年少は小此木八郎防災・国家公安大臣で52歳、女性は2人のみとなりました。

党役員では、二階俊博幹事長と高村正彦副総裁が続投、外相を務めてきた岸田文雄氏が選挙公約や各種政策立案をまとめる党政調会長に就任、人事や法案、国会運営に関する意思決定を束ねる総務会長は竹下亘前国対委員長が務めます。

国民の人気が高い小泉進次郎氏は選挙対策などを担う筆頭副幹事長に就きました。

次期首相への意欲を見せる石破茂氏は入閣せず、外から次の総理大臣の椅子を狙うことに。

衆議院の任期は2018年12月までのため1年半以内には解散総選挙が実施、さらに2018年9月には自民党総裁選も行われます。

自民党総裁選の任期は連続3期9年までに延長されたため、安倍総理は最長で2021年まで総理を続けることができますが、支持率と求心力が低下したことから長期政権に黄色信号が灯っています。

石破氏以外でも岸田政調会長、野田総務大臣も次の総理への野心を隠していません。

今年から来年にかけて政局が混沌とする可能性があり、引き続き政治にも注目したいところです。