マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

都市・地方銀行、信託銀行、信用金庫の違いって?主な金融機関の種類と業務についてまとめてみました

銀行、信託銀行、信用金庫"

「金融機関」といっても、銀行から生保、証券、消費者金融まで多数あり、それぞれ業務内容が様々です。

一つ言えるのはどこも「お金」に関する業務、つまりお金の融資、仲介、貸付、取引などを行っており、その対価として受け取る手数料や金利で収益を挙げています。

ここでは金融機関の中でも、街でよく見かけるけど違いが分からない「銀行」「信託銀行」「信用金庫」の違いについてご説明します。

 

「都銀・地銀」「信託銀行」「信用金庫」の違い

銀行の種類

「都市銀行」とは?

略して「都銀」と呼ばれますが、都銀は日本中や世界で広く営業展開している大規模な銀行のことで、明確な基準はないものの三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行の4行が都銀に分類されます。

中でも三菱東京UFJ、みずほ、三井住友はその圧倒的な資産規模から「三大メガバンク」とも呼ばれ、それぞれがライバル同士の関係でもあります。

都市銀行の業務は多岐に渡り、預金の管理、お金の貸し出し、為替や債権などの資金決済業務、法人への営業や、金融インフラの構築を行い、日本経済が持続的に成長するよう、金融面から日本を支えています。

また世界中にネットワークを張り巡らし、海外に展開する日本企業のサポートも重要な業務となっています。

「地方銀行」とは?

略して「地銀」と呼ばれます。

横浜銀行、千葉銀行、福岡銀行など銀行の前に地名がついている銀行が多く、その地域では最大規模の預かり資産の銀行が多く、地域に根ざしたサービスを行い、地域の社会と経済の潤滑油としての役割を果たします。

法人部門の場合、都銀が大企業を相手にすることが多いのに対し、地銀は地域の中小企業と蜜な関係を築いています。

ここのところ金融庁の方針もあり、経営体力強化と効率化を促進するため、地銀の再編を促しており、今後は地銀の再編・統合が進むと予想されます。

 

「信託銀行」とは?

あまり馴染みのない信託銀行。

この信託銀行は普通銀行(都銀・地銀)同様に預金管理や貸出などの銀行業務を行う他、「信託業務」を主な業務として行います。

この信託業務とは、顧客の財産を預かって運用したり、資産の管理、相続・資産承継の相談から遺言作成、富裕層向けのコンサルタント、住宅ローンの提案まで様々。

また法人向けでは年金基金の管理、上場企業の株主名簿管理人として証券代行の業務を行っています。

「信用金庫」とは?

信用金庫は明治時代に貧しい農民のために作られた信用組合に由来するもので、銀行とは異なり「非営利法人」で、わかりやすく説明すると「利益を第一に追求しない銀行」を意味します。

信用金庫は「地域の発展のため」に設立されたもので、例えば地銀から融資を受けることができないような、小規模事業者に融資とアドバイスを行い、地域経済を活性化することを目的としています。

信用金庫が取引する法人は従業員300人以下、または資本金9億円以下の中小企業に限定されています。

業務としては銀行同様に預金、融資、金融商品の販売も行いますが、「地域密着」というがポイントで、一部の地域に根ざした活動を行っています。

地域から集めた預金はその地域の中小企業に貸し出され、地域内でお金が循環、預金者と企業が信用金庫が仲介することにより相互扶助しながら発展を目指します。

以上、都市・地方銀行、信託銀行、信用金庫の違いでした。

最近はフィンテック仮想通貨がマネーの動きを大きく変える手段として台頭し、将来的には銀行業務の大半はこれら新しいテクノロジーに取って代わるとされています。

銀行が時代の流れにいかに柔軟性とスピード感を持って対応できるかが、今後は重要になるでしょう。