マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

「地面師」が積水ハウスから63億円を騙し取る。地面師への対策方法は?

f:id:kabuhack:20170602130706p:plain

大手住宅メーカー積水ハウスが東京都品川区の土地購入代金として63億円を支払ったにもかかわらず法務局から所有権移転の登記を拒否され、土地を入手できないという事件が発生しました。

この事件の背後には「地面師」と呼ばれる詐欺グループの関与が疑われています。

地面師とは?

地面師とは土地や建物の持ち主になりすまして不動産を勝手に転売し代金をだまし取ったり、担保に入れて金を借りたりする詐欺グループです。

地価が高騰し土地取引が活発だったバブル期には地面師による事件が多発しましたが、件数は少なくなったとはいえ今もなお事件は発生しています。

今回、積水ハウスが購入しようとした土地は

  • 坪単価1,000万円以上
  • 飛び地ではなく、約600坪のまとまった土地
  • 東京五輪前で値上がりが望める多くの業者が注目してきた土地
  • 女性Aさんが所有

というもので、積水ハウスが不動産会社を仲介し土地の売買を契約、購入代金70億円のうち63億円を支払っていました。

その後、積水ハウスが弁護士や司法書士の関与のもと、土地所有権の移転手続きをするため法務局に書類を提出した際、提出したパスポートや印鑑証明書が偽造されていることが発覚、これを受け法務局は所有権移転の登記を拒否したのです。

つまり、それまで積水ハウス側と売主として接触していた人物はAさん本人ではなく地面師Bで、積水ハウスは63億円を地面師側に支払ってしまったのです。

積水ハウス側は「その後、土地の所有者と語る者(地面師B)と連絡がとれず警察に被害届を提出しています。」と発表しました。

今回の件、地面師Bだけの犯行ではなく、裏で多くの人物が共謀している可能性が高いということで、警察による事件の解明が待たれます。

地面師への対策方法は?

地面師の手口は不動産取引の専門家ですら見抜けないほど巧妙化しており、素人の一般人であればなおさらです。

一般的に土地を売買するにあたり数億円といった高額な取引ほど、地面師による詐欺に巻き込まれる可能性が高くなります。

地面師に騙されないためには

  • 契約前に土地の売主に合わせてほしいと依頼し、本人確認書類を見せてもらう
  • 契約をやたら急かす場合は怪しいと思い、一旦立ち止まる

上記2点の対策を取る事で、未然に詐欺の防ぐ事ができることもあります。

また、以下のような土地は地面師に狙われやすい土地と言えます。

  • 長期間住んでいないor更地になっている
  • 所有者が遠方や海外に住んでいる
  • 抵当権がついていない

さらに、勝手に自分の土地が売られないための対策として、「この土地は売らない」「近所の不動産会社による管理地」などの看板を立てること、登録証や実印、権利書などを同じ場所に保管しない(→この3点セットで登記の移転が可能)ことが重要です。

積水ハウスが被害にあったことで「地面師」という詐欺グループの存在が知られるようになりましたが、私たちも土地を取引する際には地面師の存在を頭の片隅に入れて用心したいものです。