マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

ポイントカードはどこのコンビニで使える?コンビニ×主要ポイントカードのまとめ

f:id:kabuhack:20170806183156p:plain

最近はポイントカードが乱立気味で財布の中はポイントカードだらけという方も多いと思います。

近くのスーパー、美容院、本屋、公共交通機関、それぞれが顧客囲い込みのために独自のポイントカードを作っており、一層のこと「全部一本化してくれ!」と思ってしまいます。

ここではTポイント、dポイント、Ponta、楽天ポイントなどの主要ポイントカードがどこのコンビニで使えるかまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

主要ポイントカード×コンビニのまとめ

Tポイントカード(Tポイント)×ファミリーマート

TポイントはTSUTAYAなどを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が2003年にサービスを開始、今やTポイントカードの発行枚数は約6,300万人を超えています。

コンビニではファミリーマート、サークルK・サンクス、スリーエフと提携、200円につきTポイントが1ポイント貯まり、1ポイント1円として利用することができます。

その他の店舗ではTSUTAYA、マルエツ、三越・伊勢丹、エディオン、Yahoo!ショッピング、ガスト、吉野家、洋服の青山など提携先は多岐にわたります。

Pontaカード(ポンタ)×ローソン

Pontaカードは三菱商事が立ち上げ、後にリクルートも参画したカードです。

後発ながら三菱商事関連の企業と次々に提携したことにより会員数を急速に伸ばし、現在の会員数は7,000万人を超えています。

コンビニではローソン、サークルKサンクス、ミニストップで利用することができ、100円ごとに1ポイントが付与されます。

提携先は日本航空、ケンタッキー、オリックス、大戸屋、昭和シェル、SBIグループなど、様々な業界に幅広くサービスを展開しています。

nanaco(ナナコ)×セブンイレブン

nanacoはセブン&アイ・ホールディングスが発行する電子マネー(ポイントカード)で発行費用は300円がかかるものの、100円につき1ポイント貯まり、さらにクレジットカードからnanacoへチャージすることで、クレジットカードのポイントも貯めることができます。

チャージできる金額は1,000円単位、最大49,000円で仮に紛失した場合もサポートセンターに連絡すると利用を停止することができ、さらに残高を新カードに引き継ぐことも可能です。

利用できるコンビニはセブンイレブンで、イトーヨーカドー、西武・そごう、デニーズ、ビックカメラ、ミスタードーナッツ等とも提携をしています。

「dポイントカード」と「楽天ポイント」は?

NTTドコモが作った「dポイント」はローソンで貯めたり使ったりすることができます。

dポイントはまだ提携店舗数が少ないものの、日本最大の携帯キャリア会社が運営するポイントカードで会員数も多く、今後のサービス拡大に期待できます。

また楽天ポイントもローソンと提携を開始、楽天のスマホ決済「楽天ペイ」を利用することで、楽天ポイントを貯めて利用することが可能です。

楽天ペイ×ローソンについては以下に詳細をまとめていますので、是非ご確認ください。