マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

最強の節約術は「隠居?」会社員として働く以外にもいろんな道が!生き方の多様性を受け入れよう

f:id:kabuhack:20170801142753p:plain

大原扁理(おおはらへんり)さんの著書「20代で隠居〜週休5日の快適生活〜」という本を読んで、「こんな生き方もあるのか!」と考えさせられました。

大学を出たら就職して、ある程度落ち着いたら結婚して子供を育ててマイホームを買って。。

このような考えを持つ方が多いと思いますが、ふと立ち止まって自分の人生を考えてみるのもいいかもしれません。

20代での隠居暮らしとはどのような生活?

20代の大原さんは介護の仕事で働くのが週に2日のみ。その他の5日は休みで月収7万円程度、東京の国分寺で「隠居生活」を送り、現在は台湾に住んでいます。

月7万円で2,8万円の家賃を払い、残りで飲食代や生活費をやりくりしなければいけないので、当然「いい暮らし」はできません。

食べるものは粗食で生活もシンプルですが、テレビのドキュメンタリーに出てくる貧乏家族のような悲愴感はなく、むしろそのような暮らしを楽しんでいる感じすらありました。

年収が100万円以下のため、所得税や住民税は発生せず、国民年金は全額免除(後で納めることは可能)、国民健康保険料も年間1万円ほど。

所得が少ないので、納める税金も少なくて済むのです。

書籍を出版したことにより、年収が100万円を超え、税金を支払うようになったのがなんとも皮肉的ですが。。

有り余った時間で散歩をしたり節約術を思案したりと、自由気ままに過ごしているようです。

Amazonのレビューを見ると、「税金を納めず、家族も養わずけしからん!」というような意見もありましたが、私たちは納税し子孫を増やすために生まれてきた訳ではありません。

他人に迷惑もかけておらず、ただ個性的な生き方をしているだけで、他人に咎められる理由はないと思います。

社会・生き方の多様性を受け入れよう

先日フジテレビの「ザ・ノンフィクション」という番組に日本一有名なニートとして知られるphaさんが出演していました。

京大を卒業し、一般社会に就職したものの会社に馴染めずに退社、以降ブログで小銭を稼いで生きている方です。

「だるい。」というのが口癖らしく覇気のないボソボソとした話し方が印象的でしたが、 ネットやSNSを活用して情報発信をすると影響力が大きくなり、支援者などの協力を得て社会的弱者の受け皿となる「ギークハウス」を運営されています。

大原扁理さんとphaさんに共通するのが、組織の一員として働くことに馴染めなかった点。

無理をして働いたことで心を壊し、失意のどん底から会社を辞めて今のようなライフスタイルに至ったのです。

日本人は真面目すぎる所があり、頑張りすぎることでプッツンと糸が切れて、中には自ら命を投げ出してしまう人も少なくありません。

日本の自殺率は先進国の中ではワースト。日本社会が抱える闇の部分がこのような形となってしまっていることは残念なことです。

精神的に追い込まれる前に、別の逃げ道や生き方をよしとする社会的風潮を醸成すべきだと感じます。

他人の目を気にすることなく、自分の価値観や生き方を探って、個性的とされる生き方を受け入れる寛容さが今の日本には必要ではないでしょうか?