マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

日本人の74%が「今の生活に満足」。一方、今後の生活は悲観的な見方が多い結果に(内閣府調査)

f:id:kabuhack:20170801142753p:plain

政府が毎年行っている「国民生活に関する世論調査」の結果が興味深い結果となりました。

現在の生活に対する満足度では約74%の人が「満足している」という結果となり、これは昭和38年以降で最も高い数値となりました。

一方で今後の生活に対する問いでは「変わらない」が65%、「悪くなる」が23%となるなど将来に対する不安が多いことも明らかになりました。

日本人の多くは現状に満足するも、今後に不安を抱える

元データは内閣府の「国民生活に関する世論調査」の概要(HPはこちら)で、2017年6月に調査を行ったものです。

主な結果を挙げると、

今の生活に満足していますか?

・満足している(12.2%)まあ満足している(61.7%)→合計73.9%

・やや不満(19.9%) 不満(5.1%)→合計25%

これからの生活はどうなると思いますか?

・良くなっていく(9.4%)

・同じ(65.2%)

・悪くなっていく(23.1%)

となりました。

普段ニュースや新聞を見ていると、政治家の不祥事、事件や災害、北朝鮮や中国の脅威などネガティブな内容が多く、「どうなっているんだ!」と不安になることもありますが、日本人の多くは今の自分の生活に満足しているという結果となりました。

多々問題はあるにしろ、失業率は過去最低水準で選ばなければ仕事はあり、治安が良く、政治も経済も安定していることから満足度は高かったようです。

なお、食生活や住生活の満足度は80%を超えていますが、収入面の満足度は51%、資産・貯蓄では44%と対照的な結果となりました。

これらのことが、今後の生活不安に繋がっているのでしょう。

他に興味深い結果となったのは、

あなたの生活は世間からみてどうですか?

・上 1.1%

・中の上 14.2%

・中の中 56.5%

・中の下 21.7%

・下 5%

という項目でした。

日本人の9割以上の人が自分の生活水準は「中」だと認識しているのです。ここまで「中」の人の割合が多い国は日本以外にないでしょう。

アメリカや中国だと「上」「下」の割合がより大きく、発展途上国だと「中の下」や「下」がより多数を占める結果となるはずです。

よく考えてみれば、テレビやネットで芸能人の不倫や、政治家による政治資金問題がトピックとして挙げられ、それについて何十分も議論するような国は日本だけではないでしょうか?

他国ではテロや紛争、凶悪な事件が報道され、大物政治家の犯罪については独裁や報道の自由がないため、表に出ないケースも。

少子高齢化などにより、今後の不安があるとしても、日本は世界でも最も恵まれた国であるというのは間違いなさそうです。