マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

インターナショナルスクールの学費や入学条件のまとめ!日本人でも入学できる場合も

f:id:kabuhack:20170829170338p:plain

宇多田ヒカルや関根麻里など芸能人も多く通っていたインターナショナル・スクール。現在、日本国内のインターナショナル・スクールは100校以上あります。

日本にいながら英語で教育を受ける事ができ、英語もペラペラに話せるようになるため「自分の子はインターナショナルスクールに」と考えている方も多いと思います。

とはいえ、気になるのはお金や入学条件。

そこで、ここでは基本となる「インターナショナル・スクールとは?」からまとめてみました。

インターナショナル・スクールとは?

インターナショナル・スクールは一般的に「日本に住んでいる外国人の子供を対象に英語で授業が行われる学校」のことを意味します。

特徴としては外国人の先生により少人数できめ細かい指導がなされ、学校毎に特徴的なカリキュラムがあります。

ほとんどのインターナショナルスクールが文部科学省から認可を受けず運営を行っており、仮に高等部を卒業しても日本の高校卒業の資格を得る事ができず、日本の大学に進学することはできません。

もし日本の大学に行く場合は大検を取得する必要があります。

そのため、インターナショナルスクールの多くの生徒はアメリカやイギリスなどの大学への進学を目指すのが一般的です。

なお宇多田ヒカルはコロンビア大学(中退)、関根麻里はエマーソン大学を主席で卒業しています。

英語を習得できるメリットと海外の大学進学の道が開ける一方、日本国内の大学への進学は制限されるのです。

インターナショナルスクールの入学条件は?

入学条件は各学校により異なりますが、一般的には

  • 生徒の語学力(英語の面接試験)
  • 両親のどちらかの英語力

が必要となります。

そのため、例えば物心着いた時から子供に英語の教育を施し、英語で受け答えできる英語力が求められるため入学のハードルは非常に高いのが事実です。

親の英語力については、外国人が運営しているスクールの場合はネイティヴ並の語学力が求められますが、新設されたスクールの場合は高度な英語力は求められないケースがほとんどです。

また、各校日本人の比率を制限しており、日本国籍の子供の入学を全く認めていないスクールから上限を50%としているところまで様々です。

インターナショナル・スクールの学費は高い!

f:id:kabuhack:20170405181035p:plain

一言で「インターナショナル・スクール」と言っても私立のため形態や学費は様々ですが、学費は

日本の公立<日本の私立<インターナショナル・スクール

となります。

ザックリですが、学費や諸経費を含めると年間200万円以上必要で、プリスクール(幼稚園)から小中高まで14年間通わせた場合は3,000万円程かることになります。

例えば、東京にあるアメリカンスクール・イン・ジャパンは入学費30万円、授業料は年間219万円(小・中)、224万円(高校)、その他に毎年メンンテナンス費用として10万円必要となります。

何年間もこれだけの費用を払い続けるためには、会社経営者や親からまとまった資産を相続した人など、相当な資産家でないと難しいのが現状です。

インターナショナルスクールへ入学させるかどうかのポイント

日本で生まれ育った子供の場合、インターナショナルスクールへの入学は子供自身で決められることではなく、小さい時から親が計画的に英語を学ばせるなどの対応が必要となります。

最終的なポイントは「お金」ということになります。

資産が何億円もあれば問題ありませんが、途中で授業料を払い続けることができなくなり、日本の公立学校へ転校させることになった場合は子供があまりにも不憫です。

そのような可能性がある場合は、日本の公立学校に通わせて別途英会話学校で英語を学ばせるなどとした方がよいかもしれません。

一方でお金に問題はないという方は、高い授業料を払うだけの教育を受けることができ、英語も話せるようになるため積極的に情報収集をして検討すべきです。

これからははボーダレス化、グローバル化が進み、英語はより一層必要とされる時代になります。

小さい時から外国人と一緒に外国の文化に触れながら教育を受けることで、将来に向けての可能性も広がることでしょう。