マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

AFP資格を取って失敗。ファイナンシャルプランナーの資格は「FP技能士」の方がオススメです!

f:id:kabuhack:20170504132433p:plain

働いていた証券会社では金融マン、ビジネスマンとしてのスキルを向上させるために、英語やIT、金融系など会社が指定した資格の取得を目指すことが必須とされていました。

複数ある中で選んだのがファイナンシャルプランナーの資格である「AFP」。

金融リテラシーを向上など勉強したことは役に経ちましたが、会員費「12,000円/年」を支払うのを辞めたことにより資格を失効してしまいました。

AFP・CFPは関連団体のための資格?

AFP/CFPとFP技能士の違い

ファイナンシャルプランナーの資格には運営団体の違いにより

  • 「国家資格」ファイナンシャル・プランニング技能士(1級〜3級)
  • 「民間資格」AFPとCFP

の2通りあります。

資格を取得するとき、FP技能士2級かAFP(レベルはどちらも同じ)で迷いましたが、↓のような動画に騙されて?AFPを取得することにしました。

FP技能士よりAFPの方が取得するための研修料金などが高かったものの、それらの費用は会社が負担してくれるというのも大きな理由でした。

AFP/CFPの紹介動画

「実践的な研修を重視した資格」「海外でも認められている国際認定プログラムで権威のある資格で、グローバルスタンダードに基づく」

これらの格好いい言葉に踊らされてしまったのです。

研修と試験に合格し、AFP資格を得られたのですが、会社を辞めた後に自分で支払う必要のある年会費12,000円がのしかかることに。

AFP/CFPの場合、資格取得後も資格を保持しつづけるために継続教育を受けて単位を取り、資格を更新しなければなりません。

継続教育にもコストが発生、単位を取る事自体は簡単ですが面倒でした。

なおFP技能士(2級)であれば、研修を受ける事なく、試験に合格すればその後何をしなくとも、FP技能士の資格が失効されることはなく、費用も発生しません。

AFPの試験を受けるためには、必ず運営団体であるFP協会が認定した機関で研修を受け、さらに資格を継続して保有するためにも認定機関で単位を取り、さらに年会費12,000円を負担しなければなりません。

とにかくお金がかかるのです。

日本FP協会はNPO法人ですが、研修機関とぐるになって、営利のために存在しているのでは?と勘ぐってしまうほど。

AFPを取得するか、またはFP技能士2級を取得するか?で迷っている人は、AFP/CFPを必ず取得しなければならない理由がない限りはFP技能士を目指した方がよいでしょう。

「AFP/CFP」という言葉の方が「FP技能士」より重みがあると思う方もいるかもしれませんが、一般の人は「ファイナンシャルプランナー」という職業を知っている人こそいるものの、AFPとFP技能士の違いを知っている人はまずいません。

「資格取得にお金をかけたくない」「継続的な勉強が面倒」という方はFP技能士を目指すことをオススメします。

www.kabu-money.com