マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

医薬品のレシートを捨てている方!「セルフメディケーション税制」で税金を少なくしましょう!

f:id:kabuhack:20170904095054p:plain

「朝起きたら風邪気味。。だけど今日は重要なプレゼン」「飲み過ぎで二日酔い、胃痛が治らない。。」

このように医者に行くまでもないけど薬が必要な時、ドラッグストアなどで医薬品を買うことが多いと思いますが、薬を買った後レシートはどうしていますか?

「捨てている」という方は、2017年1月から始まった「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」で所得控除(税金の負担を少なくする)できる可能性があります。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

あまり聞いたことがない「セルフメディケーション税制」ですが、一言で表すと

「対象となる医薬品を購入した金額が年12,000円を超えた場合、確定申告をすることで税金の負担を少なくすることができる制度」です。

レシートを保存したり、確定申告をする必要があるなど管理と手続きが必要ですが、定期的に医薬品を購入している方や、少しでも納税額を減らしたいという方にとっては味方になるはずです。

元々、増大する医療費(年間40兆円!)を減らすため、厚生労働省が始めた制度ですが、10,000以上ある薬のうち、対象が1,600品程しかないこともあり、認知度が低いのが課題となっています。

この状況を受け、国も対象となる薬を増やすなど対策を検討しており、今後活用できるチャンスも増えるでしょう。

セルフメディケーション税制の概要

この制度の対象となる方は定期健康診断、がん検診、予防接種など健康の維持と病気の予防を行っている方で、自分と家族のために支払った(国が指定した)医薬品の合計が1年で12,000円以上の部分について(最大88,000円)所得控除できるものです。

これまで10万円以上の医療費を払った場合に適用される「医療費控除の特例」とは同時に利用することができず、どちらかを選択する必要があります。

国が指定する医薬品は風邪薬、胃腸薬、目薬など様々ですが、薬局などに行くとPOPなどで以下のようなマークが付いているので、確認をしてみてください。

バファリン、パブロン、ルル、アリナミンEXゴールドなどCMでよく見聞きする薬も対象となっています。

f:id:kabuhack:20170904102202p:plain

確定申告の際には

  • 健康診断などを行ったことを証明する書類(領収書など)
  • 対象となる医薬品のレシート
  • 源泉徴収票

が必要となります。

なお、セルフメディケーション税制の対象として国が指定した薬を買った際には、レシートに「★」のようなマークと「★はセルフメディケーション税制対象商品です」などと記載されます。

セルフメディケーション税制にて還付される金額は深刻する額によって異なりますが、目安として1人暮らしの場合は数千円程度、家族の場合は数千円〜数万円になることもあります。

基本的には薬代などの医療費が年間で10万円以上の場合はこれまでの「医療費控除の特例」を利用し、10万円未満の場合は「セルフメディケーション税制」を利用することになります。

医薬品を買うドラッグストアを1つに決めておき、そこで購入したレシートは必ず保管するようにすると、レシートを捨てたりすることもなくなり、レシートの形式が同じのため確定申告もしやすくなるでしょう。

ぜひ新しい制度を活用してみてください。