マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

YouTuberヒカルが動画を公開!「VALU騒動」に対して謝罪、無期限活動休止と事務所NextStageの解散を発表

f:id:kabuhack:20170815210842p:plain

ここ1ヶ月間、連日ネットを中心に取り上げられているヒカル、ラファエル、「禁断ボーイズ」いっくんの「VALU騒動」

「ん?それって何?」という方は以下に詳細を解説していますで、目を通してみてください。

ヒカル、ラファエル、いっくんのVALU騒動の経緯とポイント

ヒカルらが「VALU」に参戦

・ヒカル、ラファエル、いっくんがYouTubeの企画でVALU取引に参戦
・3人が所属するNextStage社顧問井川氏がすぐに3人のVAを購入
・ヒカルが優待を匂わせるtweet
・(優待を期待した投資家から)買い注文が殺到
・VAの値段が高騰
・井川氏が高値で全てのVAを売って多額の利益を確定
・ヒカルらが残りのVAを新たに全て売り出す
・(取引できるVAが一気に増えたので)VAの価格が暴落
・それまでVAを保有していた投資家が損を抱える

このことが、井川氏やヒカルらがお金を儲けるための「インサイダー取引」や「不公正取引」では?との批判があがり大炎上しました。

 

また、損をした投資家も多かったことから、ヒカルらは

・(含み損を抱えた投資家を救うために)自分のVAを買い取ると発表

 

さらに、運営元の VALU社が以下の対応をとりました。

・ヒカルらのVAについては、売買注文をキャンセル
・ヒカル、ラファエル、いっくん、井川氏、所属事務所に損害賠償を求める通知書を送付
・注文できる取引数量を制限するなどルールを見直し

このことを受け、VALU社とヒカルが所属する事務所NextStage社、そのマネジメントを手がけるVAZ社で法律問題に発展、弁護士が中に入り問題解決に当たっていました。

 

法律問題に発展したため、ヒカル達はこの「VALU騒動」についての言及を避けていましたが、「これまで応援してくれたファンに偽りを続けることはできない」として、9月4日に動画を公開しました。

それが以下の動画です。

ヒカル、ラファエル、いっくんの謝罪動画

「謝罪動画」内容のポイント

・VALUの知識はほとんどなかった
・VALU社とVAZ社も当初からこの企画に関わっていた
・儲けたお金はYouTubeの企画で使う予定だった
・(一連の不正と疑われる取引について)ダメという認識がなかった
・ファンのために真実を述べるため動画を公開した
・ヒカル、ラファエル、いっくんは「無期限活動休止に」
・事務所「NextStage」は解散

動画を見た印象としては、「嘘を言っているのではなく、彼らなりの正義感に基づいて真実を述べた」と感じました。

彼らはこれまで、実際の株式投資を行ったことがなく、投資家にとっては初歩的であたり前のルールすら知らず、単に盛り上がりそうだという理由でVALUに参戦、特に何も考えず取引をしたとのことでしょう。

ヒカルは「無知で認識不足でした」と述べていますが、この一言に尽きると思います。

また、気になるのがVALU社が企画当初から関与していたという点。どこまで関与していたかは語られていませんが、その度合いによってはVALU社の責任も問われることになりそうです。

今回の件に限らず、新しく何かを始める際には予め勉強するなり、基本的なルールを確認することは必須です。

ましてや、お金が関わることとであればなおさら。

実際の株やFX取引でも、「儲かりそうだから」という理由で勉強せずに始めて損をしている顧客も少なくないのが実情です。

ヒカル達のVALU騒動は残念な結果にはなりましたが、彼らが持っているカリスマ性や社会の闇の部分に切り込む行動力は評価されるべきです。

今回は大きな批判を受け、非常に高い授業料を払うことになりましたが、一度の失敗で全てを否定し、彼らの将来の芽をつんではいけません。

まずは騒動を解決するのが先ですが、その後はYouTubeで復帰しこれまでと変わらず面白い動画をアップしてほしいです。

 

※以下追記

9月5日(火)にVALU社が以下の内容のお知らせをリリースしました。

・VALUが企画を持ち込んだ事実はない
・関係者にVALUの仕組みを説明したことはある
・ヒカルの優待を削除した事実もなく、(他の利用者と同様に)期日を変更したのみ。

VALU社のリリースについてはこちらをご参照ください。