マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

「青春18きっぷ」を購入して旅に出よう!青春18きっぷの値段、使い方などをまとめました。

f:id:kabuhack:20170906163513p:plain

学生の頃、履き慣れたジーンズと靴を履いて、バックにいくつか文庫本と替えの服を入れて国内を旅行したことを思い出しました。

行き先はそれまで行ったことのない四国や九州。夜は駅前のベンチなどで野宿、数日に1回漫画喫茶でシャワーを浴びる時のさっぱり感はこの上ないものがありました。

その旅の交通手段は「青春18きっぷ」を使っての鈍行ゆるり旅。

学生さん、または退職された方など、時間に余裕のある方は青春18きっぷでのんびりとした旅はいかがでしょうか?

ここでは、青春18切符の値段や販売時期、使い方などをまとめてみました。

「青春18きっぷ」を購入して旅に出よう!

青春18きっぷの「値段」

5枚1セットで「11,850円」です。

1日あたりだと2,370円で、子供も大人も同額です。

金券ショップに行けば、5枚セットだけでなく、バラ売りしているケースもあるので、例えば1枚しか必要のない場合は金券ショップをあたってみましょう。

青春18きっぷの「発売時期と利用期間」

利用期間は毎年、春、夏、冬の3期間あります。

平成29年度(2017年)の場合、

(春)発売期間 2月20日~3月31日→ 利用期間 3月1日〜4月10日

(夏)発売期間 7月1日〜8月31日→ 利用期間 7月20日〜9月10日

(冬)発売期間 12月1日〜12月31日→ 利用期間 12月10日〜1月10日

の日程となります。

毎年2月にJRよりその年度の発売期間と利用期間が発表され、JRの駅や旅行会社などで販売されます。

青春18きっぷの使い方

青春18きっぷは5枚つづりとなっていますが、例えば1人で5日利用するだけでなく、5人で5枚を1日で利用するといった使い方も可能です。

また「青春18きっぷ」という名前から購入できる人が若い人だけだと思われがちですが、年齢に関係なく誰でも買うことができます。

利用する際には、自動改札にはきっぷが入らないため有人の改札を利用、1回分の利用は当日内であれば何度も乗り降り可能で、日付が過ぎた場合は0時を過ぎて最初の駅までその前日分のものを利用することができます。

利用できるのはJRの普通と快速列車で、特急や新幹線は利用することができません。仮に特急や新幹線を利用する場合は別途乗車券を購入する必要があります。

なお、青森と北海道間は「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券(2,300円)」を利用することで、奥津軽いまべつ~木古内駅間に限り新幹線を利用することができます。

青春18きっぷを使って、1日で東京からどこまで行ける?

当日内であれば乗り降りし放題の青春18きっぷ。東京からできるだけ遠くに行く場合、日にちや時刻表などにもよりますが、始発に乗って乗り換えをうまくこなすことで、「北は青森」「西は山口」「四国は松山」あたりまで行くことができます。

つまり、時間はかかりますが2,370円で青森、山口、松山まで行くことが可能です。

しかし、15時間以上も座席に座ることになるので「お尻が痛くなる」「やることがなくなり暇に」「乗り換えが面倒」といったことも。

例えば、東京から四国に行くのであれば、初日は名古屋、大阪あたりで降りて1泊して、翌日に四国といったように、ある程度観光や食事の時間もとれるよう余裕をもって方がよい旅になるでしょう。

普段は飛行機や新幹線に乗っている方もぜひ一度、青春18きっぷの旅を経験してみてください。少なくとも話のネタにはなること間違いなしです。