マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

証券会社やFX会社とトラブルになった際はどこに相談すればよい?まずは「FINMAC」へ!

f:id:kabuhack:20170908153400p:plain

「今買えば儲かりますよ!と言われて株を買ったけど損をした」「自分が指定した条件と異なる数量で取引が約定している」「商品の知識がないのに勧められるがまま取引して大損をした」

少なくなったとはいえ、残念ながらこのような話を未だに耳にします。

証券会社で顧客と接する営業マンやコールセンターの担当者は「証券外務員」という資格を保有しており、金融商品の勧誘や販売などの営業時の禁止事項について理解しているはずですが、ノルマに追われたり、自分の評価を上げるため営業行為が過剰となってしまうケースがあるのです。

証券会社やFX業者とトラブルになって解決に至らない、またはクレームを言っても聞く耳を持ってもらいない場合は、両者の間に立って相談にのってくれる「証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)」に連絡をすることをおすすめします。

証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)とは?

証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)とは、株式や投資信託、FX取引などにおいて、顧客と会社でトラブルになった際に間に入ってくれる機関で、金融庁からも認可を得ている特定非営利法人です。

相談件数は月に500件、苦情も70件ほど受けているとのことです。

FINMACが顧客から相談を受けると、ヒアリング結果を元に当該証券会社(FX会社)に連絡をして当事者間での解決を促します。

証券会社はFNMACから連絡が入ると、問題解決のため顧客へ連絡しさらにFINMACへの報告義務も発生、さらに会社としてはトラブルを抱えた状態は好ましくないため、解決すべく対応するのです。

なお、最近はネット証券で取引をしている人が多いですが、システムトラブルによる取引機会の損失については、各社規定により免責事項と定めているため、この場合は基本、泣く泣く諦める以外に方法はありません。

FINMACの連絡先は以下の通りです。証券会社とトラブルになり全く状況が変わらない場合は相談をしてみてください。

証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)
フリーダイヤル:0120-64-5005
利用可能時間:平日9:00〜17:00

FINMACに相談後も解決しない場合は「あっせん」手続きへ

FNMACに取り持ってもらっても解決に至らず納得できない場合は、再度FINMACに連絡し、「あっせん」の手続きを行います。

あっせんとはあっせん委員(弁護士)が顧客、証券会社(FX会社)の双方から話を聞き、和解案を提示したり、歩み寄りを促すなどして仲介したうえで問題を解決する方法です。

裁判とは異なり、あっせんは迅速な手続きが可能で、数ヶ月で解決することがほとんどです。

なお、あっせんの申立ての際には損害賠償を行う金額により、2000円〜の申立金がかかります。

証券会社とトラブルを起こさないのが第一ですが、万が一納得できない事象が発生し、解決に至らない場合は、FINMACに連絡をしてみるとよいでしょう。