マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

政治家の「プライベート」と「政治活動」は分けるべきでは?仕事さえしっかりすれば不倫は不問に!

f:id:kabuhack:20170707145840p:plain

今井絵理子参議院議員(自民)と橋本健神戸市議会議員の件が落ち着いたと思ったら、今後は民進党の若手のホープと期待された山尾志桜里衆議院議員の不倫疑惑が世間を騒がせています。

よりによって民進党の代表選が行われ新代表に前原誠司氏が就任、これらか党の復活と再建をという時に発覚しました。

山尾議員は責任を取って民進党を離党、さらに民進党は今後も離党者が出る見込みで解党の危機に陥っています。

政治家の「プライベート」と「政治活動」は分けるべきでは?

そもそも政治家は国会議員であれば国の代表者として、国民の生活がより豊かで質の高いものとなるよう、地元の人々の声に耳を傾けながら法案を作成し審議、制定するのが主な仕事です。

大きな権力と責任を持っており、政治家の資質や能力によって国が混乱したり行政が行き詰まってしまうことも。 

そのため、政治家には何よりもまず優秀であることが求められます。清廉潔白であることが求められているのではありません。

橋本健神戸市議のように、印刷業者に架空発注をして政務活動費を不正受給するような犯罪を犯す議員は以ての外ですが、山尾議員のようなプライベートの問題については政治家としての責任を問うべきではないと思います。

極端な話、プライベートはめちゃくちゃでも(犯罪を犯さない限り)政治家としてしっかり仕事をしてくれればそれで問題はないでしょう。

山尾議員の家族や親族が批判するのであれば話はわかりますが、メディアがこぞって批判するような社会はどこか歪んでいると思います。

メディア、特に絶大な影響力を持つテレビの責任

スマホやゲームに視聴者を奪われ視聴率低下が進んでいるテレビですが、最近は芸能人だけでなく政治家の不倫等、不祥事に関する報道が非常に多くなっています。

昼時にテレビを付けると、どこでも同じような内容を放送しており、時にうんざりすることも。

以前であれば、低レベルの週刊誌しか報道しなかったようなことも、今やテレビが週刊誌発のネタを取り扱うようになりました。

制作費が削減されているためか、安易で楽な芸能・政治ネタに飛びついているような印象を受けます。

さらに番組の作りが、疑惑報道が出た政治家を(事実を確認せずに)悪者にするような内容が多く、それを観た視聴者が怒りを覚えてSNSなどで批判が殺到→さらに炎上という事態に。

テレビは不特定多数の国民がお金を払わずに観れるメディアで、影響力の大きさは未だ絶大、その影響力の大きさに見合った責任感で番組を作ってもらいたいものです。

山尾議員は「男女の関係はなかった」と弁明していますが、報道から推測する限り非常に親しい仲であり、政治家と一人の政策ブレーンの関係にはとどまっていないように見受けられます。

しかし、これが仮に不倫だったとしても、それはあくまでも本人と家族の問題であって、政治家としての責任に繋がることに違和感を感じます。

私たち国民も一票を投じる時は、立候補者の道徳観や人の良さではなく「いかに仕事ができるか」「自分たちや国のためになるか」「自分の考えと近いか」ということに絞って投票するべきだと考えます。