マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

証券、FX会社で口座開設する際の注意点は?本人確認書類やマイナンバーの提出時のミスが多いです。

f:id:kabuhack:20170712142617p:plain

証券、FX取引を行う会社を決めた後は口座開設の手続きを行うことになります。

名前や住所を入力したり、これまでの投資経験や金融資産の問いに答えたり、本人確認書類をアップロードしたりと、手続きに15分ほど時間を要するため、ちょっとした作業となります。

この口座開設手続きにおいて書類不備や入力ミスがあると、証券(FX)会社側から電話やメールで連絡が入り、再度手続きをするだけでなく、口座が開設されるまで時間がかかり、時にイライラすることも。

最初の手続きである口座開設手続きは慎重に対応し、1度で終わらすことが重要です。ここでは実際にどのような手続きミスや不備が多いかご紹介します。

証券、FX会社で口座開設する際の注意点は?

証券、FX口座を開設する方法として大きく分けると「Webで完結する申し込み」と「書類で郵送して申し込む」の2通りあります。

Web申し込みの方が開設までの日数が早くて楽なので、Webで手続きをすることをおすすめします。

会社にもよりますがWeb申し込みの場合は2〜3営業日ほど、郵送の場合は1週間〜10日ほどで(不備がなければ)口座開設が完了します。

口座開設が不備になることがケースとして圧倒的に多いのは本人確認書類、マイナンバーに関する不備です。

f:id:kabuhack:20170912164707p:plain

例えばWeb申し込みで本人確認書類として免許証を提出する場合、免許証をスマホのカメラで撮影し、アップロード(またはメール添付)して提出しますが

  • 画像全体が不鮮明
  • 本人確認書類の端が切れている
  • 有効期限切れ
  • (住所変更をした場合)裏面のアップロード漏れ
  • 本人確認書類、マイナンバーの提出漏れ

が代表的な不備例で、本人確認書類として健康保険証やマイナンバーを提出した際も同様です。

例えば免許証の右下にある「公安委員会」のマークが切れているだけで不備となります。

またカメラのピントがあっておらず、全体的に不鮮明ではっきりと文字が読めない場合もNGです。

証券会社やFX会社は、警察などから顧客に関する照会があった場合などには、保管している本人確認書類を提出することがあり、万が一不備の本人確認書類で口座を開設していた場合は処分されることもあるので、かなり厳格に審査を行います。

その他に不備が多いケースとしては、

  • 本人確認書類に記載の住所と入力した住所が相違
  • アンケートの答えに整合性が取れていない(無職で収入800万円等)

といった不備もよく見受けられます。

口座を開設する際は、本人確認書類の画像は全体がはっきり見えるように撮影、さらに入力内容に誤りがないか最後に確認を行い、1回の手続きで終えるようにしましょう。

なお、口座開設に関してよくあるお問い合わせは以下の通りです。 

Q.学生でも口座開設できますか?
A.証券口座は開設できます。FXも基本開設できますが、投資経験が問われる場合があります。

Q.口座開設時の費用や口座管理料はいくらですか?
A.ネット証券、FX会社の場合は口座開設、口座管理料は無料です。大手対面証券や地場証券の場合は手数料がかかることもあります。

Q.口座開設に要する日数は?
A.Webで申し込んだ場合は2〜3営業日、書類申し込みは1週間〜10日ほどです。

以上、証券会社やFX会社で口座を開設する際の注意点でした。口座開設手続きが完了したら、あとは入金をして取引をするだけです!