マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

フランス、イギリスが2040年以降電気自動車(EV)の販売を禁止へ、中国も続く?株価が上昇するEV関連銘柄。

f:id:kabuhack:20170913133517p:plain

フランスとイギリスは2040年以降にディーゼル車とガソリン車の販売を禁止することを発表しています。

ヨーロッパは環境への意識が高く、この地域を牽引する2つの大国が同じ措置を取ると発表したことで、他のヨーロッパの国々も追随することになるでしょう。

さらに、中国も政府高官が将来的にガソリン車を製造禁止にすると述べると、電気自動車の部品やリチウムイオン電池を作る関連企業の株が買われるなど、株式市場にも影響を及ぼしています。

電気自動車(EV)とは?

電気自動車(EV)とは英語の「Electric Vehicle」のことで、今の車がガソリンをエンジンで燃焼させて駆動させるのに対し、EVは電気(電動モーター)で車を動かします。

ガソリンやディーゼル車と異なり、二酸化炭素や排気ガスを排出しないため、大気汚染防止や温暖化対策にも優れた地球環境に優しい車で、振動が少なく音が静かといった特徴もあります。

現状、電気自動車は「生産コストが高い」「運転距離が短い」「充電するインフラが整っていない」など技術面やインフラ面から普及しておらず、世界の新車販売に占めるEVの比率は僅か0.5%となっています。

しかに日本においてはEVの研究開発を見据えてトヨタとマツダが資本提携を結ぶなど、各社EVを量産する準備・研究を加速させています。

なお、「ハイブリッドカー」は電気とガソリンの2つの動力源で動く車で、「プラグインハイブリッドカー」はコンセントから充電できるタイプのハイブリッドカーを意味します。

車をはじめとする輸送機器は膨大な数の部品から作られており、さらに製造から販売、流通にいたるまで巨大なマーケットを形成しているため世界経済への影響力も大きく、将来的にガソリン車→EV車へのシフトが確実とされる中、EV関連の部品の製造に強みをもつ会社の株価が上昇しています。

日本のEV関連銘柄は?

エネルギー密度と寿命が優れているおり、電気自動車のバッテリーとなる「リチウムイオン電池」を生産する企業、また充電器、電源機器などを製造する会社がEV関連企業として注目を浴びています。

  • 3036 アルコニックス
  • 3089 テクノアルファ
  • 3402 東レ
  • 3753 ダブル・スコープ
  • 4004 昭和電工
  • 4005 住友化学
  • 4080 田中化学研究所
  • 4188 三菱ケミカルホールディングス
  • 4971 メック
  • 4100 戸田工業
  • 5563 新日本電工
  • 6752 パナソニック
  • 6662 ユビテック
  • 6769 ザインエレクトロニクス
  • 6674 ジーエス・ユアサ コーポレーション
  • 6728 アルバック
  • 6994 指月電機製作所
  • 6981 村田製作所
  • 6912 菊水電子工業
  • 7271 安永

これから数年、数10年と長期投資を考えている方はぜひEV関連銘柄への投資を検討してみてください。