マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

投資初心者の方は少額で取引できる「単元未満株」の取引から始めよう!ネット証券各社の単元未満株サービスをまとめました。

f:id:kabuhack:20170710141021p:plain

株での資産運用に興味があっても実際に取引をするためには20万、30万円は必要となることがほとんどで、銘柄によっては100万円以上必要な場合があります。

しかし、「単元未満株」を取引をすることで、実際は数十万円必要な株式を数千円程度で購入できる場合があります。

ここでは少額で取引できる単元未満株の詳細と取引できるネット証券をご紹介します。

単元未満株(端株)とは?

株式投資は投資信託のように1万円などと金額を指定して取引をすることはできず、「企業の株価」×「1単元の株数」が最低の取引金額となります。

例えばA社の株価が5,000円で1単元が100株の場合、A社の株式を取得するためには50万円必要となります。

※上場企業は約3,600社ありますが、ほとんどの企業の1単元の株数は「100株」です。

単元未満株は1単元以下、例えば1単元100株の場合は10株や1株単位の株式のことを意味し、多くのネット証券がこの単元未満株での取引を提供しています。

A社の場合、通常の取引では50万円必要ですが、10株や1株であれば、5万円、5,000円で取引することができ、投資へのハードルも下がることになります。

単元未満株のメリット、デメリットは?

単元未満株の取引のメリットは

  • 数千円、数万円の少額で取引をすることができる
  • 多くの企業の株式を分散して保有できる
  • 保有株に応じて配当金も受け取ることができる
  • 単元未満株を1単元の株数まで買い増しして、単元株にすることが可能

といったことがあげられます。

メリットがある一方でデメリットもあり、

  • 株主としての議決権を得ることができない
  • 株主優待を取得することができない
  • 1単元で取引するより、取引金額に対しての手数料コストが割高になる

ということもしっかり理解をしましょう。

また、通常の1単元での取引の場合、取引時間中はリアルタイムの時価で取引できますが、単元未満株の場合は時価では取引できず、取引終了後に算出される値段での約定となります。

単元未満株の取引は「株式取引の初心者の方」「資金が限られているものの、複数の企業に投資をしたい」という方向けのサービスです。

単元未満株サービスを提供しているネット証券と手数料(税抜)

SBI証券「S株」

手数料 約定代金×0.50%(最低手数料54円)

松井証券

手数料 約定代金×0.6%(最低手数料はなし)

カブドットコム証券「プチ株」

手数料 約定代金2万円まで100円(以降1万円増加する毎に67円加算)

マネックス証券「ワン株」

手数料 約定代金×0.5%

以上、単元未満株と取り扱い証券会社のご案内でした。

「いきなり大金を投資するのは怖いな」「試しで少額で取引したい!」という方はぜひ単元未満株の投資から始めてみてください。