マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

「日本ハム(2282)」の3月、9月株主優待が凄い!年2回、日ハム製品の商品詰め合わせが送付されます!

f:id:kabuhack:20170917151255p:plain

ソーセージ「シャウエッセン」や「ロースハム」「サラダチキン」でお馴染みの日本ハム(2282)ですが、年に2回も豪華な日ハム製品の詰め合わせが送られてくるとあって、株主優待が人気です。

日本ハムは株価が3,110円(9/15終値)、1単元が1,000株のため、株主になるためには300万円以上も必要となります。

これを聞くと汗が出てしまいそうですが、ここ数年株価はきれいな右肩上がりとなっており、優待目当てで株主になった方のほとんどは利益も得られるという一石二鳥状態が続いています。

ここでは日本ハムにフォーカスしてご紹介します。

日本ハム(2282)の株主優待について

日本ハムは元々株主優待を年1回としていましたが、2014年から3月、9月の年2回に拡充しました。

その株主優待内容も毎年豪華で多くの投資家の投資意欲をそそっています。

例えば2017年3月の場合は「北海道産産地直送野菜セット」や「ファイターズ観戦ペアチケット」など9種類の優待を用意、この中から好きなものを1つ選択できるというものでした。

2017年9月の株主優待はウインナーやローストチキン、ふかひれ風スープ、ロースハムなどが入った日ハム商品詰め合わせを貰うことができます↓。

f:id:kabuhack:20170917153514p:plain

さらに、日ハム商品の展示会に出席し試食などができるグループ展示会(会場は東京、大阪)にも出席することができます。

株主優待を取得するためには300万円以上必要とはいえ、これでもかというほど魅力的な株主優待です。

日本ハム(2282)の株式・株価情報

  • 株価 3,110円(9/15終値)
  • 1単元 1,000株
  • 時価総額 6,640億円
  • 配当利回り 1.7%
  • PER   17倍
  • 株主優待 3月末日、9月末日

2017年9月15日現在の株価で計算すると、株主優待を取得するためには311万円必要となります。権利付最終日は9月26日(火)です。

配当利回り(予想)は1.7%と高めで年間5万円ほど配当を受け取ることが見込めます。

注目をしたいのは日本ハムの株価の推移です。以下に、直近「1年」「5年」「10年」の株価チャートを並べました。

すると、どれも右肩上がりのチャートを描いており、ここ10年間、日ハム株を中長期で保有していた人は、ほとんどの方が利益を上げることができたことになります。

しかも豪華な株主優待を得ることができ、まさに2度美味しいということに。

もちろんこれは「結果論」であり、今後どうなるか予想するのは難しいですが、業態からしても堅調な動きをする株であるということはいえそうです。

日本ハムは国内食肉加工業界では圧倒的に強く、さらに最近は健康ブームの追い風もあり「サラダチキン」がヒット商品に。

余裕資金がある方は日本ハムへの投資を検討してみてください。

日本ハム株価チャート(2016年9月〜2017年9月の1年間)

f:id:kabuhack:20170917154506p:plain

日本ハム株価チャート(2012年9月〜2017年9月の5年間)

f:id:kabuhack:20170917154515p:plain

日本ハム株価チャート(2007年9月〜2017年9月の10年間)

f:id:kabuhack:20170917154530p:plain