マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

競馬、競輪、競艇、パチンコなどのギャンブルや宝くじの当選金に税金はかかる?

f:id:kabuhack:20170711181755p:plain

先日「宝くじを買ってはいけませんよ!」という記事を書いたのですが、酔っ払った時に気が大きくなってしまいサマージャンボを30枚購入、結果は300円の当たりくじが3枚と散々な結果でした。

やっぱり、宝くじは買ってはいけません、損する仕組みになっているので。。

しかし中には超幸運の持ち主もいて、「1等5億円」を当てた人がいるのも事実です。

でも5億円がいきなり入って、翌年税金で◯億納めてくださいと言われても、もう訳がわからなくなってしまいますよね。

そこで宝くじと、ついでに競馬などのギャンブルについても、税金を払う必要があるのか調べてみました。

競馬、競輪、競艇、パチンコなどのギャンブルや宝くじの当選金の税金

競馬、競輪、競艇の公営ギャンブルの税金

競馬や競輪、競艇で予想が的中し儲けた場合は「一時所得」として課税されるため、確定申告を行い納税する必要があります。

ただし50万円の特別控除があるため、儲けた金額が50万円以下の場合は納税の必要はありません。

券の購入費は必要経費と認められるため、

「(払戻金-券の購入費)-50万円÷2」の金額を給与所得など他の所得と合算して、総所得金額を求めた後、納税額を算出します。

また、仮に1レースで200万円儲けて他のレースで300万円損した場合、損益通算はできないため、儲けた200万円に対して税金を払う必要があります。

実際のところ競馬などで万馬券などを引き当てた方は納税しているの?といえば必ずしもそうではないようです。

窓口で馬券を購入した場合は誰が当てたのか分からず、税務当局も調べようがないからです。

しかし、今やネットでも公営ギャンブルの券を買うことができ、その履歴ははっきりと残るため、ネットで券を購入し大金を引き当てた方は、脱税だと指摘され追徴課税を払う前にしっかり確定申告をした方がよいでしょう。

実際、年に数件ほどですが馬券で何億もの払戻金を得たものの申告せず、起訴されているケースが発生しています。

パチンコやパチスロの税金は?

パチンコ、パチスロはそもそも商売自体が法的に曖昧な部分があり、様々な解釈がありますが、基本的に娯楽として楽しんでいる場合は確定申告の必要はありません。

「パチンコの税金が。。」という話聞いたことないですよね?

しかし、プロとしてパチンコやパチスロで生計を立てている場合は、雑所得に該当するため、年間の収入が20万円を超える場合は確定申告をする必要があります。

宝くじの場合は?

宝くじ、toto、ロト、スクラッチ等は非課税所得として法的にも認められているため、5億、6億の当選金を得ても申告自体が不要で、1円も納税する必要はありません。

そのままそっくり銀行口座に振り込まれます。

しかし、宝くじなどで大金を引き当てたことが必ず幸せに繋がる訳ではなく、地元で有名となり、家族や親族、友人からはお裾分けをせがまれ、中には仕事を辞め、散財してお金もなくなり家庭崩壊へ繋がった方もいるとのこと。

やはり、お金があったとしても、ギャンブル、宝くじには手を出さない方がよさそうです。

www.kabu-money.com