マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

2017年9月26日に東証に上場する「ESG」「高配当」ETF4銘柄についてまとめました。

f:id:kabuhack:20170921120437p:plain

個別企業のIPO(新規上場)と比べると、ETFの上場は株式の公募がないため注目度が高くはありませんが、ETFは安いコストで分散投資できるため利便性が高く、特に投資初心者の方にはオススメの商品です。

9月26日には、今後値上がりが期待できる「ESG銘柄」で運用するETFなど4銘柄が新たに上場します。(ESGの詳細はこちら

ぜひ投資の参考にしてみてください。

9月26日に東証に上場するETF4銘柄

ダイワ上場投信-TOPIX高配当40指数(1651)

「TOPIX高配当40指数」に連動するETFです。

TOPIX高配当40指数は東証1部の中の大企業である「TOPIX100銘柄」のうち、さらに配当利回りの高い40銘柄にて構成された指数です。

2017年8月時点で計算した配当利回りは3.16%と非常に高いため、インカムゲイン(配当収入)に期待をする投資家向けの商品となります。

分配金の支払いは年4回(2月、5月、8月、10月)、信託報酬が0.19%です。

ダイワ上場投信-MSCI日本株女性活躍指数(WIN)(1652)

「MSCI日本株女性活躍指数」に連動するETFです。

MSCI日本株女性活躍指数はアメリカのMSCI社(株価指数等を算出する金融サービス会社)が独自の基準で女性活躍度の高い日本企業を選定し組成した指数です。

日本では女性の社員比率や役員比率が諸外国と比べると著しく低いなどの問題を抱えています。

しかし、女性が活躍している企業の株価はベンチマークとなる日経平均株価と比べて高いパフォーマンス結果となる傾向があるなど、女性の活躍が企業業績を上げる要因としても注目をされています。

分配金の支払いは年2回(1月、10月)、信託報酬が0.15%と低いのも魅力的です。

ダイワ上場投信-MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数(1653)

「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」に連動するETFです。

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数は、E(環境)S(社会)G(企業統治)に優れた企業251銘柄にて構成された指数です。

大和WIN(1652)は女性の活躍に特化したESGですが、こちらはESGをバランスよく兼ね備えた企業にて構成された指数と言えるでしょう。

分配金の支払いは年2回(1月、10月)、信託報酬は0.15%です。

ダイワ上場投信-FTSE Blossom Japan Index(1654)

「FTSE Blossom Japan Index」に連動するETFです。

FTSE Blossom Japan IndexはイギリスのFTSE社(株価指数の算出や金融データの提供を行う企業)が選定したETGに優れた日本企業にて組成した指数です。

分配金の支払いは年2回(1月、10月)、信託報酬は0.15%です。

 

大和WIN(1652)、大和ESGセレクト(1653)、大和ブロッサム(1654)はGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が運用先として選んだETG関連のETFであり、個人投資家や他のファンドが追随することにより、株価の押し上げにも期待をすることができそうです。

www.kabu-money.com