マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

「マイナンバー提出しましたか?」現在NISA口座を保有している方で、マイナンバー未提出の方は9月末が登録期限です。

f:id:kabuhack:20170921135218p:plain

既に証券会社でNISA口座を開設した方で証券会社に「マイナンバー」を提出していない方は、至急マイナンバーを証券会社に提出することをオススメします。

各社ログイン後の画面からアップロードすることでマイナンバーを登録することができます。

NISAは制度上、2014年〜2017年の「第1期」と、2018年〜2023年の「第2期」に分かれており、第2期が始まる2018年以降にNISAで取引を行う場合はマイナンバーが必須で、そのためには9月末までに証券会社にマイナンバー提出をしなければならないのです。

9月末の時点でマイナンバー未提出の場合、10月以降はマイナンバーの他に「非課税適用確認書の交付申請書」が必要となるなど、手続きが面倒になります。

なお、楽天証券では9月末までにマイナンバーを登録すると100円もらえるプレゼントを実施中です。

※NISA口座を既に保有しており、かつマイナンバー未提出の方向けの手続きとなります。

f:id:kabuhack:20170710142634p:plain

NISAで10月〜12月に取引をしたい方→NISA口座開設期限は9月末です

現在、NISA口座を開設しておらず、2017年10月〜12月の間にNISAで取引をしたい方も、今月中の手続きが必要です。

会社によっては手続きの期限を早く締め切る会社もあるので、急いで確認することをオススメします。

NISAの投資枠は年間120万円ですが、この「年間」の期間は毎年1月〜12月までとなります。

つまり、9月中に手続きをすることで、2017年度120万円の利用枠を10月〜12月の3ヶ月間で利用できるようになります。

2018年1月になるとリセットされて新たな120万円で投資をすることが可能となります。

NISA口座を利用する証券会社や金融機関を変更する方

例えばA証券会社でNISA口座を開設しているものの、 NISA口座をB証券会社へ変更したい場合も、9月中に手続きを行わなければ2017年度の取引を変更後の会社で行うことはできません。

この場合、まずA証券会社にてNISA口座の廃止の手続きを行い、次にB証券会社でNISA口座開設の手続きを行うことになります。

これら全ての手続きにおいて、免許証などの「本人確認書類」と「マイナンバー」が必須となります。

期限が迫っているので、この場合は変更前と変更予定の証券会社に連絡をして手続きが間に合うかどうか確認をしてから、手続きを行うようにしましょう。