マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

ファイナンシャル・プランナー(FP)に相談する際の内容や料金相場についてまとめました。まずは自分で勉強、調べることが大事です。

f:id:kabuhack:20170504132433p:plain

「老後にゆとりのある生活をするためには退職までいくら貯める必要があるか知りたい」「マイホーム購入のため銀行でローンを組む前にアドバイスが欲しい」「今払っている生命保険料が妥当か確認してほしい」

誰しもがお金に関する不安や悩みを抱えています。そんな時に、専門的なアドバイスをしてくれるのがファイナンシャル・プランナー(FP)です。

あまり馴染みがない方も多いと思いますが、ファイナンシャル・プランナーとして独立してビジネスを行っている専門家も多く、ネットなどで簡単に調べることができます。

ここでは、ファイナンシャル・プランナーに相談をする前に知っておきたいポイントをまとめました。

ファイナンシャル・プランナーに相談する際の内容や料金相場について

まず、ファイナンシャル・プランナー(FP)ですが、

  • 資産運用
  • 不動産
  • 税金
  • 保険
  • ライフプラン二ング
  • 相続

など、金融関連の幅広い知識を持っている資格保有者で、資格は主催団体により

  • 「国家資格」のファイナンシャル・プランニング技能士(1級〜3級)
  • 「民間資格」のAFPとCFP

の2通りあります。

日本FP協会(HPはこちら)のHPなどから、住所や相談内容、料金などの条件を設定することにより相談するFPを選ぶことができます。

相談するFPは必ず資格最上位のCFP(またはFP技能士1級)保有者とし、相談する主な内容を専門としているかどうか、またFPとして実務経験をある程度積んでいる方を選ぶようにしましょう。

相談する内容が複雑な事業継承や相続関係となる場合は「税理士」や「弁護士」とすべきケースもあります。

相談する際の料金ですが、1時間あたり安くて3,000円程度、高くて1万円、平均で5,000円〜8,000円ほどです。

自治体が主催する相談会や、金融セミナー時などに、FPによる無料相談会が開催されることがあるので、調べてみるとよいでしょう。

銀行や証券会社では社内FPが在籍している場合があり、顧客には無料、または安い料金で相談に乗ってくれるケースもあります。

FPに相談する前に自分で調べることが大事!

例えば支払っている生命保険料が高いか安いかは、生命保険に関する書籍で基礎を学び、ネット生保等のHPにあるシミュレーション機能を使うことで調べることができます。

ローンの金利も比較サイトや書籍で調べ、比較検討を行うことが可能、基本的にその気さえあればFPに相談せずとも、自分で調べて理解できることがほとんどです。

また、何も知識がない状態で教えてもらいに行くよりも、ある程度の知識があった方がFPが話したことに対する理解度が全く異なってきます。

FPに相談する前は自分で勉強したり、家族に相談するなどして、最低でも基本的な知識がある状態で行うようにしましょう。

またFPに相談する場合、初回の相談時に全てがクリアになるケースは稀です。

相談した内容をもとに今度はFPが問題解決の提案やシミュレーションを行いますが、この時にも別途料金が発生するのです。

これらを踏まえたうえでFPへの相談が必要な場合は、まずはWebでFPの候補者を2、3人決めて、電話で料金や内容について問い合わせをして、その際の対応や丁寧さから実際に相談するFPを決めるのがよいでしょう。

www.kabu-money.com