マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

世界のミレニアル世代(20代、30代)に最も尊敬されている指導者、リーダーは?

f:id:kabuhack:20170921164947p:plain

「Global Shapers」という世界の若者によって構成されるコミュニティが、世界各国1,000人以上(20代、30代のミレニアル世代)を対象に「最も尊敬している指導者、リーダー」についてアンケートを行い、その結果を公表しています。

ここでふと思ったのが、日本人の若者に同じ質問をした場合、誰の名前があがるかということ。

安倍総理やソフトバンク孫正義社長、またはサッカー日本代表長谷部誠キャプテンあたりでしょうか。

世界では以下のリーダーが尊敬を集めています。

世界のミレニアル世代に最も尊敬されている指導者、リーダー

  1. ネルソン・マンデラ(元南ア大統領)
  2. ローマ教皇フランシスコ(第266代ローマ教皇)
  3. イーロン・マスク(テスラCEO)
  4. マハトマ・ガンジー(インド政治指導者)
  5. ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)
  6. バラク・オバマ(元アメリカ大統領)
  7. リチャード・ブランソン(ヴァージン・グループ創設者)
  8. スティーブ・ジョブズ(アップル創業者)
  9. ムハマド・ユヌス(グラミン銀行創業者)
  10. ナレンドラ・モディ(現インド首相)

1位は元南アフリカ大統領ネルソン・マンデラ氏です。

マンデラ氏は南アフリカで人種隔離政策アパルト政策に反対する活動家のリーダーとして頭角を表し、逮捕され27年間もの刑務所暮らしを経て釈放された後にノーベル平和賞を受賞、さらに1994年に南アフリカ初の黒人大統領に就任しました。

大統領就任後は、人種間差別や経済格差の是正に務め1999年に退任、その後も南アフリカ国民だけでなく世界的にも人気と影響力は衰えることなく、2013年に95歳で永眠されました。

3位のイーロン・マスクはまだ46歳で、テスラ(EV事業)やスペースX(宇宙開発事業)のCEOとして活躍、5位、8位はご存知ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズがランクインしました。

7位のリチャード・ブランソンはイギリスの実業家で、レコード会社や航空会社、携帯会社など様々な会社を創業、現在も多くの事業を手がけるヴァージン・グループ会長として世界を飛び回っています。

8位のムハマド・ユヌス氏はバングラデシュで若い女性を対象としたグラミン銀行を創設、貧困対策で大きな成果を挙げ世界的にも注目、2006にはノーベル平和賞を受賞しました。

言葉の問題もあるのか、ほとんどが英語圏で絶大な人気を影響力を持つ方ばかりという結果に。

日本でもかつて幕末の時代には坂本龍馬や西郷隆盛などスケールの大きい人物がいましたが、最近はリーダーと言われてもパッとすぐ頭に思い浮かぶ人がいないのが寂しい限りです。

いずれ日本人でも世界的に尊敬を集める偉大な人物が誕生することに期待をしましょう。