マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

シルバーライフ(9262)が10月25日にマザーズに新規上場!IPOスケジュール、幹事証券会社などのまとめ

f:id:kabuhack:20170922112220p:plain

高齢者や障害者向けの配食サービスを行う株式会社シルバーライフが10月25日に東証マザーズに新規上場します。

ブックビルディングは10月10日〜、申込は10月18日〜となります。

シルバーライフは安全・安心にこだわり抜いた配食サービスをチェーン展開しており、店舗数では業界No.1、今後も高齢化世代の人口が急増することでニーズが増えるため、ビジネス環境の見通しは明るい言えるでしょう。

同じく10月25日にはテンポイノベーションもマザーズに上場、この日は2社が新規上場します。

シルバーライフの事業内容

シルバーライフは経営理念として「食の観点から安心して歳を重ねていける社会を作る」ことを掲げ、自分で食材を購入したり調理をすることが難しい高齢者や障害者の方が、安心して美味しい料理を低価格で食べることができる配食サービスを提供しています。

料理は自社工場等で調理を行い、「まごころ弁当」「配食のふれ愛」の2つのブランドでフランチャイズ(FC)加盟店に食材を販売、FC加盟店が利用者から注文を受け、配達を行っています。

料理は高齢者向けのため、低タンパク、摂取カロリー制限に対応したものなど、複数のメニューを日替わりで用意。

2017年7月末時点で、まごころ弁当のFC加盟店は367店舗、配食のふれ愛は196店舗にまで拡大、さらに老人ホームや介護施設にも配送しています。

FC加盟店等への販売料金とロイヤリティにて収益を挙げており、売上高、利益ともに右肩上がりで、今後の収益拡大にも期待ができそうです。

シルバーライフ清水貴久社長によるFC加盟店向けの説明動画

清水貴久社長は警視庁、コンサルティング会社勤務を経て、2007年にシルバーライフを創業した経歴の持ち主です。

シルバーライフ(9262)のIPO情報

会社概要
銘柄コード 9262
市場 東証マザーズ
業種 小売業
HP シルバーライフ
社長 清水貴久
本社 東京都新宿区
設立 2007年10月10日
連結売上高 41億円(2016年7月期)
連結利益 3億円(2016年7月期)
従業員数 70名
シルバーライフ業績推移

f:id:kabuhack:20170922115931p:plain

シルバーライフIPOスケジュールと価格
BB期間 10月10日〜10月16日
公募価格決定 10月17日
購入申込期間 10月18日〜10月23日
上場日 10月25日
発行済株数 250万株
公募株数 50万株
売出株数 15万株
1単元 100株
仮条件 2,300円~2,500円
公募価格 2,500円
初値 -
(公開時)時価総額 -
シルバーライフIPO幹事証券会社

主幹事 みずほ證券

幹事 SMBC日興、SBI、いちよし、岡三、岩井コスモ、丸三

シルバーライフ主要株主

清水貴久(社長) 46.44%

株式会社近江屋 46.44%

戸井丈嗣(取締役)0.4%

青沼勝秀(取締役)0.31%

片寄達哉 0.29%

大瀬安昭 0.28%