マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

FXのレバレッジが最大「25倍」→「10倍」に変更か?金融庁が規制強化に向けて検討へ。

f:id:kabuhack:20170502101306p:plain

日経新聞は金融庁が日本の投資家に人気のあるFX取引のレバレッジ(証拠金倍率)を現在の最大25倍から10倍程度へ引き下げる方針だと報じました。

FXは2000年代中盤に取引高が急増、当初はレバレッジ制限はなく最大200倍にて提供している業者も多数ありましたが、金融庁の規制が入り2010年に最大で50倍、2011年には25倍に制限されてきました。

現在の25倍は日経平均株価指数などを取引する先物やOP取引と同水準で、さらにFX業者の健全性も保たれていることから問題ないと思われたものの、規制が入ることでFX業者への影響も避けられないでしょう。

FX取引のレバレッジが最大で10倍に規制されとどうなる?

現状の最大レバレッジ25倍で取引をする場合、ドル円レートが1ドル=100円であれば、4万円で1万ドル(100万円分)の取引をすることが可能です。

これが最大で10倍になると、1万ドルを取引するのに最低でも10万円必要となります。

つまりFX投資家にとっては、外貨を取引するための資金が現状よりも多く必要となり、FX業者にとっては取引高と収益面での大幅な減少に繋がることが予想されます。

実際、2010年と2011年にレバレッジ規制が実際された時は、FXの取引高が大きく減少しました。

FXは1日に何百回も取引をするデイトレーダーの存在感が大きく、大口顧客の資金効率が悪くなることで、取引高が少なくなり、流動性が低下することで、投資家にとっての手数料コストであるスプレッド(買値と売値の差)も広がることが予想されます。

規制強化でFX業者の株価が下がり、FXマネーは仮想通貨に?

FX専業業者やFXの収益依存度が高いネット証券は株価がネガティブに反応するでしょう。以下にFX関連上場企業と銘柄コード、FXサービス名を挙げました。

  • ヒロセ通商(7185)「LION FX」
  • トレイダーズHD(8704)「みんなのFX」
  • マネーパートナーズ(8732)「マネーパートナーズ」
  • インヴァスト証券(8709)「シストレ24」
  • GMOクリックHD(7177)「FXネオ」「FXプライム」
  • 澤田ホールディングス(8699)「外為どっとコム」

最近はFXよりもボラティリティーが高い、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に資金が流れている状況が続いています。

FXは規制強化される一方、仮想通貨においては業者が2017年10月から当局への登録制となるなど、マーケットはかつてのFX業界のように健全化される方向で進んでいます。

まだ検討段階ではあるものの、早ければ2018年にはFXのレバレッジは最大10倍に引き下げられる可能性があるとのことです。

FXのレバレッジ規制が強化されることにより、仮想通貨への資金移動がさらに加速するでしょう。

www.kabu-money.com