マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

三菱UFJフィナンシャル・グループが「MUFGコイン」がCEATECで一般公開!機能をまとめました。

f:id:kabuhack:20171004183816p:plain

メガバンクもフィンテック(金融×IT)の強化を加速させています。

三菱UFJフィナンシャル・グループは幕張メッセで開催されているITの国際展示会「CEATEC JAPAN2017」に出店、一般向けに仮想通貨「MUFGコイン」を公開しました。

三菱UFJフィナンシャル・グループ「MUFGコイン」について

MUFGコインは上記動画の通り、顔認証でログインを行い、アプリで送金や割り勘の手続きを行ったり、表示したQRコードで買い物をしたりすることができます。

主な機能は以下3点となっています。

  • 「交換」日本円とMUFGコインの交換機能(1円=1MUFGコイン)
  • 「送金」MUFGコインを送金や受け取り、割り勘機能
  • 「口座」目的別や(他人と共有する)グループ別の共通口座

利用者としては電子マネー同様にキャッシュレスにて決済できる他、これまで手数料や時間がかかっていたお金(MUFGコイン)を即座に送金できるなどのメリットがあります。

しかし、機能としてはクレジットカードや現在ある電子マネー、仮想通貨などと変わりなく、これで生活が便利になるというインパクトには欠ける印象。

また利用者からするとただでさえ電子マネーが乱立気味で、これ以上決済手段が増えてもどれを利用すべきか悩むことになりそうです。

みずほ銀行やゆうちょも「Jコイン」の研究を進めています。

結局のところ、ポイント還元率の高さなどが鍵となりそうですが、政府はもう少しこの辺りの舵取りを行ってほしい所です。

コインを発行する銀行側としては、現金では追えないマネーや決済の流れを捕捉することで、利用者の消費行動をデータ化し、商機拡大につなげるといった効果を期待しているのでしょう。

三菱UFJでは現在、社員1,500人ほどでMUFGコインの実験を進めていて、近々対象を全社員に広げ、リリースに向けて検証を続けるとしています。

www.kabu-money.com