マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

「銀行の外貨預金」と「FX会社のレバレッジ1倍」で取引をした場合どうなる?比較をしてみました。

f:id:kabuhack:20170407174331p:plain

外貨建て商品といえばまず頭に思い浮かべるのが「外貨預金」と「FX(外国為替証拠金取引)」。

FXは投資する金額よりも少ないお金で取引できるのが魅力ですが、外貨預金同様にレバレッジ1倍で取引することも可能です。

この時点で「??」となってしまった投資初心者の方でも、順に読んでいけば分かるよう、「銀行の外貨預金」と「FXのレバレッジ1倍」で取引した場合どうなるか?ということ分かりやすく解説をしてみます。

日本円を外貨で投資することを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

FX(外国為替証拠金)のレバレッジとは?

レバレッジは英語の「Leverage(てこの力)」のことで、実際に投資をする金額よりも大きな金額の取引をすることができるものです。

例えば、1ドル=100円の時に、外貨預金で1万ドルを購入する場合は、日本円100万円で1万ドルを保有することができます。

この場合のレバレッジは「投資金額100万円」で「取引金額100万円(1万USドル)」のため、(取引金額)100万円÷(投資金額)100万円=1倍となります。

FXの場合は1万ドルを購入する際に日本円で100万円を用意する必要はなく、例えば10万円で1万ドルを購入し保有することができるのです。

これは投資家が証券会社やFX会社に「10万円を担保として預け」、その代わりに会社から「1万ドル分の資産を保有する 」権利を与えられるという仕組みになっているためです。

この場合のレバレッジは「投資金額10万円」で「取引金額100万円(USドル)」となり、100万÷10万=10倍となります。

なお、FXでは必ずしも上記のようにレバレッジを効かせる必要はなく、日本円100万円で1万ドルの取引をすることも可能です。

この場合のレバレッジは外貨預金同様1倍となります。

外貨預金を利用し日本円100万円で1万ドルを購入した場合と、FXを利用して日本円10万円で1万ドルを購入した場合(レバレッジ10倍で取引)、共に為替レートが101円に上昇すると1万円の為替益を得ることができます。

共に1万ドルを保有しているで保有資産は同じであるため、投資金額は異なっても為替の変動により同じ利益(損失)を得る(失う)ことができるのです。

しかし、外貨預金とFXでは取引コストなどで大きな違いがあるので、その点を以下に詳しく説明します。

銀行外貨預金vsFX(三菱東京UFJ銀行とGMOクリック証券)

f:id:kabuhack:20171010181144p:plain

では実際に「銀行の外貨預金」と「FX会社のレバレッジ1倍」で取引をした場合どうなるか?ということを見てみましょう。

銀行の外貨預金は国内総資産No.1の「三菱東京UFJ銀行」を参考に、FXは国内FX売買代金No.1の「GMOクリック証券」のサービスで比較していきます。

ここでも分かりやすく説明するため、ドル円レートが1ドル=100円、投資金額は日本円で100万円で1万ドルを購入するという前提で話を進めていきます。

銀行外貨預金とFXの取引手数料は666倍も異なる

三菱東京UFJ銀行の外貨預金で円→ドルに預け入れる場合の手数料は「片道1円」となります。

つまり、1ドル100円時に1万ドルを購入する場合は片道1万円、往復で2万円(ドルを円に戻す必要があるため)の手数料がかかります。

100円で購入して、その後為替レートが上昇して102円になった際に、ちょうど為替損益はプラスマイナス(損益分岐点)0となります。

一方、FX会社や証券会社ではどうでしょうか?

GMOクリック証券の場合、ドル円の手数料は往復「0.3銭」となります。金額に換算すると手数料は30円となります。

三菱東京UFJ銀行は片道1円、往復2円で2万円ですから、GMOクリックの手数料30円はなんと1/666という安さです。

100円で購入して、ドル円レートが100.03になったら、ちょうど為替損益は0となります。

「ここまで手数料に差が出るなんて怪しい」と思うかもしれません。

FX会社やネット証券で取引する顧客はPCやスマホアプリでレバレッジを効かせて頻繁に大きな金額を取引することが多いため、会社側も薄利多売で、実際の機関投資家同士が取引をするレート(インターバンクレート)と同様の手数料にて提供することができるのです。

銀行外貨預金とFXの金利を比較!金利もFXが圧倒的に有利です

外貨商品で運用をするということは、金利のつかない日本円で、(金利の高い)外国の資産を購入するということになるため、投資対象の国と日本との金利差分を受け取ることができます。

三菱東京UFJ銀行のドル円の外貨預金の金利は年率「0.2%」です。※2017年10月現在。

つまり、1万ドル(100万円分)購入した場合、年間で2,000円の金利をもらうことができます。

一方、GMOクリック証券の場合はどうでしょうか?

FXの場合は金利のことを「スワップ金利」と言いますが、GMOクリック証券の場合は、2017年10月現在で1日あたり48円となっています。

つまり年間に換算すると17,520円となります。金利についても銀行外貨預金よりFX会社の方が8倍以上もお得という結果となりました。

証券会社、FX会社も顧客へ金利を支払う際にマージンをとりますが、やはり金利においても銀行の方がマージンを多く取るため、顧客が負担するコストは高くなるのです。

三菱東京UFJ銀行(外貨預金)とGMOクリック証券(FX)でドル円を1年間運用すると?

  • ドル円購入日 2017年10月1日
  • ドル円購入時のレート 1ドル=100円
  • ドル円売却日 2018年9月31日
  • ドル円売却時のレート 1ドル=105円

話を分かりやすくするため上記の同じ内容で取引をした場合、三菱東京UFJ銀行とGMOクリック証券では最終確定損益にどのような差がでるか確認をしてみましょう。※税金の計算は省きます。

三菱東京UFJ銀行
  • 手数料 -2万円
  • 金利 +2,000円
  • 為替損益 105-100円×1万=5万円
  • 最終損益 +32,000円

三菱東京UFJで1万ドルを1年間運用すると、100万円が「103万2,000円」となりました。

GMOクリック証券
  • 手数料 -30円
  • 金利 +17,520円
  • 為替損益 105-100円×1万=5万円
  • 最終損益 +67,490円

GMOクリック証券で1万ドルを1年間運用すると、100万円が「106万7,490円」となりました。

三菱東京UFJ銀行とGMOクリック証券では「35,490円」も年間の損益が異なる結果に。

同じ期間、同じ投資金額で投資対象も同じにも関わらず、銀行とFXではこれだけ差が出るのです。

これらの理由により、日本においてはFXが非常に人気のある商品となっています。

全く同じ商品でも高級百貨店で売っているものと、ネット通販などで売っているものとでは値段が異なりますが、投資の世界においてはそれ以上に差があります。

資産運用は銀行ではなく、FX会社やネット証券で取引した方がよいというのはこのような理由があるからです。

外貨系商品やFXの取引を検討されている方向けに、日本の投資家に人気があり高評価を得ている大手のFX、証券会社を以下にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

口座開設はWeb上で簡単に完結、数日で取引することが可能です。

GMOクリック証券【FX】 FX売買代金は世界No.1、株や投信の取引も可能。

DMM FX FX口座開設者数は国内No.1、低コストでデイトレーダーに人気。

マネーパートナーズ 東証1部上場の大手で、外貨両替のサービス等も提供

外為ジャパン 手数料が安く、1000通貨単位からも取引することができます。

FXブロードネット 手数料が安いだけでなく、HPが分かりやすく初心者におすすめです。

以上、FX取引を低コストで、安心して取引できる人気の会社のご紹介でした。ぜひ余裕資金で取引を始めて、外貨で利益をあげるチャンスを狙ってみてください!