マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

【2017衆院選】注目の小選挙区をピックアップ!豊田真由子氏、山尾志桜里氏も無所属で立候補します。

f:id:kabuhack:20170915184915p:plain

自民・公明の与党が有利に選挙戦を進める中、「ハゲ~っ!」と秘書を恫喝した豊田真由子氏(元自民)や不倫疑惑で民進党を離党した山尾志桜里氏も、それぞれ無所属で選挙に立候補します。

その他にも今回の選挙では小池百合子都知事率いる希望の党が、与党候補に対して落下傘候補で刺客を立てるなど、注目されている選挙区があります。

ここでは、今回の衆院選において注目度の高い小選挙区をご紹介します。

2017年衆院選、注目の小選挙区

埼玉4区
候補者 政党 年齢 新旧 当選回数
朝賀英義 共産 67 -
青柳仁士 維新 38 -
吉田芳朝 希望 43 -
豊田真由子 43 2
穂坂泰 自民 43 -

自民党は離党した豊田真由子氏の対抗馬として、志木市議の穂坂泰氏を擁立しました。

豊田氏は年上の秘書に対して「この、ハゲっ〜!」「ちーがーうーだろ〜」「死ねば?生きてる価値ないだろ」などと暴言を連発、お茶の間を騒がせ支持者は見放している状態。穂坂氏が有利に選挙戦を進めることになるでしょう。

埼玉5区
候補者 政党 年齢 新旧 当選回数
牧原秀樹 自民 46 3
枝野幸男 立憲 53 8
高木秀文 希望 44 -

自民党の牧原秀樹氏(厚生労働副大臣)と立憲民主党代表、枝野幸男氏の一騎打ちとなりそうです。

前回2014年の衆院選では枝野氏が勝利、牧原氏は敗れたものの比例で復活しました。

立憲民主党の代表としては、なんとしても小選挙区で勝つ必要があり、枝野氏は仲間のの応援演説をする余裕はあまりなく、自身の選挙活動に多くの時間を割く必要がありそうです。

東京7区
候補者 政党 年齢 新旧 当選回数
松本文明 自民 68 3
長妻昭 立憲 57 6
荒木章博 希望 64 -
井上郁磨 26 -

知名度抜群の立憲民主党長妻昭氏(元厚生労働相)、自民党の松本文明氏(内閣府副大臣)に、希望の党の刺客である荒木章博氏の3つどもえで激戦が予想されます。

荒木章博氏は熊本出身で熊本市議や県議を務め、娘が都民ファーストの会代表の荒木千陽氏。東京には縁もゆかりもない荒木氏が落下傘候補としてどこまで戦えるか注目です。

東京18区
候補者 政党 年齢 新旧 当選回数
鴇田敦 希望 51 -
菅直人 立憲 71 12
土屋正忠 自民 75 3

こちらも自民、立憲、希望の3党の激戦が予想される選挙区です。

菅直人元首相は希望の党から排除され立憲民主党に合流、希望の党は元テレビ東京記者の鴇田敦氏を擁立しました。

菅元首相、自民の土屋氏の2人は高齢で新鮮味もないことから、希望の鴇田敦(ときたあつし)氏にもチャンスがありそうです。

東京24区
候補者 政党 年齢 新旧 当選回数
吉羽美華 希望 37 -
萩生田光一 自民 54 4
飯田美弥子 共産 57 -
高橋斉久 立憲 44 -

希望の党吉羽美華氏と自民党萩生田光一幹事長代行の一騎打ちとなりそうです。

萩生田氏は安倍総理の最側近で、加計問題など関与が疑われた議員。希望の党は元大阪府寝屋川市議の吉羽美華氏を刺客として擁立しました。

希望の党からすると東京24区は「安倍政権の象徴」としての位置付け、自民党も加計問題で批判を受け続けた萩生田氏を落とすわけにはいかず、小池vs安倍の代理選として注目されています。

千葉1区
候補者 政党 年齢 新旧 当選回数
田嶋要 希望 56 5
門山宏哲 自民 53 2
大野隆 共産 48 -
長谷川豊 維新 42 -

希望の田嶋氏、自民の門山氏の現職に元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が挑む三つどもえとなりそうです。

長谷川氏は過激な言動が物議を醸すことがありましたが、知名度においては他の候補を圧倒しており、接戦が予想されます。

愛知7区
候補者 政党 年齢 新旧 当選回数
山尾志桜里 43 2
鈴木淳司 自民 59 4

無所属の山尾志桜里氏と自民党の鈴木淳司氏の一騎打ちとなりました。

山尾氏は民進党の幹事長に内定した日の夜に既婚男性とのW不倫とされる写真を撮られ、本人は否定したものの民進党を離党、無所属での立候補となりました。

前回2014年の衆院選では山尾氏が僅か5,000票差で勝利、鈴木氏は比例で復活しました。今回は鈴木氏有利の選挙となるでしょう。

 

以上、注目すべき選挙区でした。 

豊田真由子氏、山尾志桜里氏の2人は無所属での立候補のため、小選挙区で当選しなければ比例で復活することができず議員バッチを失うことになります。2人ともイメージが悪いだけに厳しい選挙戦は免れません。

あなたの選挙区はいかがでしょうか?注目の衆院選投開票日は22日(日)、期日前投票はすでにスタート、ぜひご自身の一票を大切にしてください。