マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

シー・エス・ランバー(7808)が11月15日にJASDAQに新規上場!IPOスケジュール、幹事証券会社などのまとめ

f:id:kabuhack:20171013181258p:plain

材木や合板等の加工、建築請負事業、不動産賃貸業を手掛ける株式会社シー・エス・ランバーが11月15日にJASDAQスタンダードに新規上場します。

ブックビルディングは10月27日〜、申込は11月7日〜となります。 

比較的手堅い商売であり注目度は高くはありませんが、JASDAQの小規模案件で、日経平均株価も上昇するなど相場環境がよく、さらに10月31日のCasa以来2週間ぶりのIPOのため、初値が公開価格を上回りリターンを確保することができるでしょう。

シー・エス・ランバーの事業内容

シー・エス・ランバーの社名は「Customer Satisfaction through Lumberの」の頭文字からとったもので、主にLumber(=木材)を加工するビジネスを展開しています。

「木造住宅資材の販売流通を通して社会に貢献すること」を経営理念としており、現場主義を徹底、顧客に満足いただける取引に徹することを社是として掲げています。

主な事業は木造住宅の柱や梁の継ぎ手を加工する「プカレット事業」、子会社なのはなハウジングとシー・エス・ホームが行う「建築請負事業」、同じく子会社のCLCコーポレーションが手掛ける「不動産賃貸事業」の3事業です。

プカレット事業

「プカレット」とは建築現場に搬入する前に、木材を住宅などの建設に適した寸法に切断し加工することです。

主要工法として「在来軸組工法」「ツーバイフォー工法」があり、シー・エス・ランバーでは2工法に対応しています。

プカレット加工は以前であれば大工による手作業が主流でしたが、現在はコンピューター制御により自動加工しており、品質のばらつきがなく、材料を無駄にせず、工期と人件費を軽減して加工することができます。

f:id:kabuhack:20171013185341p:plain

拠点や工場は首都圏に置き、東京、千葉、埼玉を中心にビジネスを展開しています。

生産設備は最新のものを取り入れ、加工精度の向上と品質の安定を実現、今後は営業エリアの拡大やコスト競争力を強化し発展を目指します。

シー・エス・ランバー(7808)のIPO情報

シー・エス・ランバー会社概要
銘柄コード 7808
市場 JASDAQスタンダード
業種 その他製品
HP シー・エス・ランバー
社長 中井千代助
本社 千葉市花見川区
設立 1983年4月1日
連結売上高 136億円(2016年11月期)
連結利益 3.1億円(2016年11月期)
従業員数 250名
シー・エス・ランバー業績推移

f:id:kabuhack:20171013190307p:plain

シー・エス・ランバーIPOスケジュールと価格
BB期間 10月27日〜11月2日
公募価格決定 11月6日
購入申込期間 11月7日〜11月10日
上場日 11月15日
発行済株数 149万株
公募株数 23.7万株
売出株数 19.3万株
1単元 100株
仮条件 1,380円~1,480円
公募価格 1,480円
初値 2,724円
(公開時)時価総額 47億円
シー・エス・ランバーIPO幹事証券会社

主幹事 みずほ証券

幹事 三菱UFJモルガン・スタンレー、マネックス、ちばぎん

シー・エス・ランバー主要株主

株式会社千代 45.5%

中井政助 7.59%

シー・エス・ランバー従業員持株会 7.52%

中井礼子 6.95%

中井俊輔 5.25%

中井千代助 3.21%