マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

「期日前投票」と「不在者投票」の違いや投票方法をまとめました!衆院選で1票を投じましょう。

f:id:kabuhack:20171017111000p:plain

第48回衆議院議員総選挙は10月22日(日)が投開票ですが、この日は全国的に天気が雨との予報が多く、投票に行かない人が多いのでは?と懸念されています。

そこで、雨の日に投票所に出かけたくないという方におすすめしたいのが「期日前投票」。

「期日前投票って投票日に特別な用事がある人しかできないのでは?」と思っている方が多いようですが、そんなことはなく当日の予定の有無に関わらず誰でも期日前投票を行うことができます。

 

「期日前投票」について

ちなみにこの期日前投票は「きじつぜんとうひょう」と読みます。

2017年の衆院選の期日前投票日は10月11日(水)〜21日(土)まで、投票場所は市役所や公民館等が多いですが、デパートや大学など人が多く集まる場所に設定されているケースもあります。

期日前投票の受付時間は8:30〜20:00まで、投票所については選挙区により異なるため、各自治体のHP等でご確認ください。

通勤途中や昼休みにサクッと期日前投票を済ませる方が多いようです。

なお、総務省のHPでは期日前投票の対象者を「選挙日に仕事やレジャー等の用務があるなど一定の事由に該当する者」としていますが、特に理由を問われることはありません。

手続きは、期日前投票所に自宅に送付された「投票所入場整理券」を持参し、その整理券の裏面に記載されている「期日前投票請求書」に名前などを記載して投票を行います。

なお総務省は今回の衆院選の期日前投票者数が10月15日(日)時点で410万人となったことを発表しました。

これは前回衆院選の同じ時期と比較すると1.5倍となっており、衆院選への注目度が高いだけでなく、有権者の間にもこの制度が認知されたことが利用者が増えた要因のようです。

「不在者投票制度」について

f:id:kabuhack:20171017114929p:plain

期日前投票とは別に、住民票を移していない学生や仕事などで他の地域に長期滞在している方向けの投票制度として「不在者投票制度」があります。

不在者投票の投票期間は10月11日(水)〜21日(土)まで、投票場所は滞在先の市役所や病院等に入院等している場合はその施設で不在者投票できるケースがあります。

手続きは、総務省のHPなどから不在者投票請求書を入手、出身地の選挙管理委員会に送付し、その後届いた投票用紙を滞在している地域の期日前投票所に持参することで投票可能です。

この場合、書類のやりとりに日数がかかるため、早めの対応が必要となります。

「どうせ自分が1票を投票しても選挙結果に変わりはないから。。」と投票をためらう方も多いと思いますが、日本では以前、女性に参政権がなかったり、外国では未だに投票券すらない国があるほど。

貴重な1票を無駄にしないようにしましょう!

川栄李奈「期日前投票」CM動画

www.kabu-money.com