マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

アメリカのお金持ちランキング2017!1位はビル・ゲイツ、2位はジェフ・ベゾス、3位はバフェットで4位は?

f:id:kabuhack:20171019185902p:plain

アメリカは株価が史上最高値を更新中、富める人の多くは資産のほとんどが株が占めており、莫大な資産をさらに大きく増やしています。

日経平均株価も上昇していますが、史上最高値を更新したのは1989年12月で株価は38,957円でした。

現在はようやく21,000円を超えましたが、最高値まではほど遠く、株価にも日本とアメリカのここ30年の成長格差が見て取れます。

ここではアメリカの経済誌Forbesが発表した2017年の長者番付を見てみましょう。

アメリカの大富豪ランキング2017

  1. ビル・ゲイツ(マイクロソフト)9.9兆円
  2. ジェフ・ベゾス(アマゾン)9.1兆円
  3. ウォーレン・バフェット(バークシャー・ハサウェイ)8.7兆円
  4. マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック)7.9兆円
  5. ラリー・エリソン(オラクル創業者)6.6兆円
  6. チャールズ・コック(コークス・インダストリーズCEO)5.4兆円
  7. デービッド・コック(コークス・インダストリーズ副社長)5.4兆円
  8. マイケル・ブルームバーグ(ブルームバーグ創業者)5.2兆円
  9. ラリー・ペイジ(グーグル共同創業者)4.9兆円
  10. セルゲイ・ブリン(グーグル共同創業者)4.8兆円

※ドル円換算レートは112円

日本でも有名な実業家、投資家がずらりとランクインしました。

6位のチャールズ・コックと7位のデービッド・コックは日本ではあまり知られていませんがアメリカでは「コーク兄弟」として有名です。

2人が経営する「コーク・インダストリーズ」は石油、ガス、穀物などを広く手がけるビジネスを展開、さらに共和党の大口政治献金者として、経済界だけでなく政治においても非常に大きな影響力を持っています。

40歳以下に限定すると、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEO(33歳)が1位で、2位が同じくFacebookの共同創業者であるダスティン・モスコビッツ(33歳、1.5兆円)と続きます。

ちなみに日本で一番のお金持ちはユニクロを経営するファーストリテイリングの柳井正社長で、その資産額は1.5兆円。

一般人には考えられないほどの莫大な資産を持つ人達ですが、ほとんどは自分で事業を一から始めて会社を大きくした人ばかり。

彼らが創業した会社で働いている従業員は数万、時には数十万人にもなり多くの雇用を生み出しています。

日本においては、資産家を「金持ち」ということのみでフォーカスされることが多いですが、もっと創業者や成功者が尊敬されるような社会になってほしいものです。