マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

仮想通貨取引所「Zaif」で口座開設をしてみた!ビットコイン、イーサリアムの取引におすすめの取引所です。

f:id:kabuhack:20171025071433p:plain

「取引手数料がマイナス0.01%」「信用取引や積立も可能」「アプリが使いやすい」「ビットコイン以外にもネムやモナコインの取引ができる」などの理由により人気の仮想通貨取引所「Zaif」。

上記の他に、Zaifを運営するテックビューロ株式会社は仮想通貨交換業者として、金融当局にも登録済み(近畿財務局長第2号)で信頼性もあることから、Zaifで口座開設をしてみました。

ビットコインを初めとする仮想通貨はこれまで一部のITや投資に明るい人が中心に取引をしていたものの、2017年に入り一般投資家にも普及したことから価格も上昇基調にあります。

時代の流れに遅れたくないという方はぜひ、以下の手順を参考にZaifで口座開設をしてみてください。

「Zaifに口座開設の申し込みが殺到し、開設まで2週間も待たされた」「Zaifに本人確認書類を送って1週間たったけどまだ開設できていない、遅い!」

このような情報がネットで流れていますが、10月19日に申し込んで、3日後の22日には「本人確認コード」が記載された書類が届き、取引できるようになりました。

仮想通貨取引所「Zaif」の口座開設手順

Zaifのトップページから「無料登録はコチラ」をクリック

Zaif口座開設

Zaifのトップページにアクセスして「無料登録はコチラ」をクリックします。

Zaifの会員登録画面からメールアドレスを登録する

Zaifメールアドレス

次にメールアドレスを登録します。登録後すぐにメールが届くので、リンクをクリックします。

「利用規約」「重要事項説明」を確認、パスワードを登録

パスワードを登録

メールに記載されているリンクをクリックすると、ユーザー登録画面が表示されます。

「利用規約」と「重要事項説明」をクリックして、それぞれのチェックボックスにチェックを入れ、パスワードを入力します。

利用規約と重要事項説明はクリックしないと、チェックボックスにチェックを入れることができないので、クリックしてしっかり読むようにしましょう。

Zaifにログインをする

Zaifログイン

次にZaifに登録したメールアドレスとパスワードでログインをします。

Zaifの取引画面が表示されます

Zaif取引画面

ログイン後の画面で「取引所はコチラ」をクリックすると、上記の取引画面が表示され、実際のビットコインの価格などを確認することができます。

この時点で「会員登録」は終了ですが、「口座開設」は終わっていないため、取引することはできません。

次に本人確認書類などを提出して、口座開設を進めます。

「本人確認が完了していません」をクリック

本人確認書類

ログイン後画面の「本人確認が完了していません」をクリックします。

「ユーザー登録情報」を入力

Zaifユーザー登録

ユーザー情報登録画面にて、名前や生年月日、郵便番号、住所等を入力します。

なお一番下「外国PEPsに該当しますか?」の問いに対しては「いいえ」を選択します。外国PEPsとは外国の大臣や中央銀行の役員などの要職の方のことです。

入力内容を間違えると、口座開設不備となり余計な手間暇がかかるので、内容が正しいかしっかり確認を行いましょう。

携帯電話番号を登録する

携帯登録

ショートメールを受信することができる携帯番号を登録します。

「次へ」をクリックしすると携帯(スマホ)に認証コードが送信されます。そして、表示される認証コード入力画面にて送信された認証コードを入力します。

本人確認書類をアップロードする

本人確認書類

次にスマホなどで自分の本人確認書類(運転免許証やパスポート)を撮影し、アップロードします。

口座開設で不備が多いのは、この本人確認書類の提出時です。以下の点に注意をしてください。

  • 画像が鮮明で文字がはっきりと読めるか?
  • 本人確認書類の端が切れていないか?
  • 本人確認書類の期限は有効期限内か?
  • 住所を変更している場合、運転免許証の裏面も必要
  • パスポートは住所が記載されている面も必要

本人確認書類を正しくアップロードして、Zaifの口座開設の手続きは完了です。

入力内容や本人確認書類に不備がない場合は「本人確認が完了しました」とのメールが届き、数日後に転送不可の簡易書留にて「本人確認コード」が記載された手紙が到着します。

私の場合は、木曜日に会員登録と口座開設の手続き(本人確認書類UP)を行い、金曜日に「本人確認書類完了」のメールを受信、書類が届いたのが日曜日でした。

この通り申込→口座開設まで最短で3日程で完了します。なお、簡易書留は土日も配送されます。

「本人確認コード」を入力

Zaif口座開設手順

Zaifから送信された「本人確認書類完了」のメールに記載された、「本人確認コードアカウントページ」のリンクをクリックし、表示された本人確認コード入力画面にて、手紙に記載された本人確認コードを入力します。

Zaif「口座開設」完了!

Zaif信用口座

これにてZaifの口座開設の手続きが完了しました。あとは入金するだけで取引可能です。

Zaifの「信用取引」の口座を開設

Zaif

次にレバレッジを効かせて取引できるZaifの信用取引口座の開設をしてみます。

Zaifの信用取引は実際に投資する資金の最大7.7倍の仮想通貨の取引ができるもので、資金効率よく取引できるというメリットがある一方、その分リスクも高くなるので注意が必要です。

信用口座開設は簡単で、ログイン後の画面から「信用買い」のタブをクリック、「信用取引とリスク」の書面を確認し、チェックボックスにチェックを入れ「送信する」ボタンをクリックするだけで開設手続きが完了します。

レバレッジは1倍、2.5倍、5倍、7.77倍の中から選択することができます。

仮想通貨取引所「Zaif」のサービス内容

各種手数料

口座開設 無料
口座維持 無料
現物取引 -0.01%
信用取引 無料
AirFX取引 無料
先物取引 無料
(銀行)入金 顧客負担
(コンビニ等)入金 486円〜
出金 350円〜

※信用取引においては「借入手数料(0.039%)」「利益手数料(0.7%)」、 AirFX取引では「日次手数料(0.039%)」「スワップ(最大±0.375%)」、先物取引では「日次手数料(0.039%)」が必要です。

取扱仮想通貨

BTC(ビットコイン)、MONA(モナコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、XCP(カウンターパーティー)、ZAIF(ザイフ)、BCY(ビットクリスタル)、SJCX(ストレージコインエックス)、PEPECASH(ぺぺキャッシュ)、FSCC(フィスココイン)、CICC(カイカコイン)、NCXC(ネクスコイン)Zen(ゼン)、XEM(ゼム(ネム))、ETH(イーサリアム)

Zaifは手数料コストが低いこと、ビットコイン以外の通貨も多数取引でき、さらに信用取引も可能なことからオススメの仮想通貨取引所です。

ぜひ口座開設をして、余裕資金で取引をしてみてください。