仮想通貨の窓口

仮想通貨などマネー全般について元銀行&証券マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

仮想通貨取引所「GMOコイン」のサービスを徹底解説!手数料は?口座登録方法は?

GMOコイン

FXでは世界No.1の取引高、株式でも国内大手ネット証券の一角を占めているGMOクリック証券

GMOクリック証券と同じGMOフィナンシャルHDに属する「GMOコイン」が仮想通貨取引所を運営しています。

GMOコインにはFXや証券と同様に、仮想通貨においてもより低コストで使いやすい取引ツールへの大きな期待が寄せられています。

また、親会社のGMOインターネットは仮想通貨のマイニング事業(詳細はこちら)に100億円を投じるなど、仮想通貨関連のビジネスに積極的です。

GMOはマイニングで得たビットコインをGMOコインを通じて顧客に供給するとしており、シナジー効果も期待できそうです。

ここではGMOコインのサービス内容について徹底解説してみました。

GMOコイン株式会社について

GMOコイン株式会社について

GMOコインはジャスダックに上場しているGMOフィナンシャルHD(7177)に属する会社で、同じグループにはGMOクリック証券 の他にFX専業のFXプライムもあります。

会長はGMOクリック証券を立ち上げた高島秀行氏、クリック証券で経営管理部長を務めた若松剛史氏が社長です。

本社は渋谷にあり資本金は17.58億円、仮想通貨交換業者として関東財務局長(第6号)にて金融当局への登録も済んでいます。

仮想通貨取引所の中では経営母体が大きく安定、実績と信頼度の高い会社と言えるでしょう。

証券の株式手数料やFXのスプレッドではどちらも業界最低レベルで、システムも自社で開発するなど取引手数料が安く、取引ツールやアプリが使いやすいと高い評価を得ています。

仮想通貨においても低コスト&使いやすいツールを提供し業界を引っ張っていってもらいたいものです。

現状、GMOコインのアプリは非常に使い勝手がいいものの、PCでは専用のトレーディングツールがなく、今後のリリースに期待しましょう。

GMOコインの取引手数料と取扱通貨ペア

f:id:kabuhack:20171207103331p:plain

GMOコインでは「現物取引」と「FX取引」の2種類の取引を行うことができます。

売買の際に必要な手数料は現物・FX共に無料ですが、それぞれ取引コストに相当する売値と買値の差(スプレッド)が発生します。

「現物取引」の取扱通貨ペアとスプレッド
通貨ペア スプレッド
BTC(ビットコイン)/円 3,000
ETH(イーサリアム)/円 1,000
BCH(ビットコインキャッシュ)/円 1,500
LTC(ライトコイン)/JPY 100
XRP(リップル)/円 0.3
「FX取引」の取扱通貨ペアとスプレッド
通貨ペア スプレッド
BTC(ビットコイン)/円 2,500

スプレッドは基本的に上表にて固定されていますが、相場が荒れている時などは一時的に広がることがあります。

GMOコインの入出金手数料

GMOコインの入出金手数料

GMOコインのサービスの中で特に優れているのは出金の手数料が無料という点。

入金も楽天銀行、住信SBI銀行を利用している方であれば、手数料無料で、365日24時間、手続き後すぐに口座に反映される「即時入金」が非常に便利です。

日本の仮想通貨取引所で入出金手数料が共に無料なのは、GMOコインだけだと思います。

GMOコインの入金について
  即時入金 振込入金
受付時間帯 24時間365日 24時間365日
手数料 無料 顧客負担
最低金額 1,000円以上 制限なし
所要時間 即時反映 営業時間内確認後

※即時入金は楽天銀行と住信SBIネットにて利用可能。

GMOコインの出金について
  出金
受付時間帯 18時〜翌17時
手数料 無料
最低金額 10,000円/回
最高金額 1000万円/日
所要時間 翌〜翌々営業日

GMOコインは「取引所取引」ではなく相対取引

GMOコインの評判

仮想通貨の取引には大きく分けると「取引所取引」「相対取引(販売所)」の2つに分けることができます。

取引所取引ではZaifのように、板画面にて売りと買いの発注数量が表示され、顧客同士の注文を付け合わせて約定させます。

板形式では仕組み上、取引数量と価格が分割して約定し、思わぬ値段で買ってしまった。。ということも起こり得ます。

一方GMOコインの場合は相対取引で、GMOコインと顧客の1対1での取引となります。

この場合、注文した画面に提示されている価格で約定するため、シンプルで分かりやすいという特徴があり、特に初心者には向いていると言えます。

どちらが優れているか?ということですが、板方式の場合は顧客の注文が少なく流動性が低い場合は買値と売値が開き、取引コストが大きくなることがある一方、Zaifのように顧客数と注文量が多い場合はスプレッドが狭く低コストで取引できるケースもあります。

なお、GMOコインのスプレッドは相場急変時以外は固定となっています。

複数の取引所で口座を開設し、スプレッドや取引画面を見極め、さらにその都度条件の良いところで取引すると良いでしょう。

GMOコインだけでなく、Zaifビットトレードといった大手取引所でも複数口座を作って、まずは使用感を確かめてみてください。

GMOコイン「仮想通貨FX」について

GMOコイン「仮想通貨FX」

GMOコインのFX取引では取扱通貨は「BTC/円」のみですが、レバレッジ5倍、15倍、25倍から選択し取引をすることができます。

手数料は無料、ロスカットは維持率が75%を下回った場合に適用で追証はありません。

注文方法が成行だけでなく、指値、逆指値、IFD、OCO、IFD-OCOと豊富なのが非常に便利です。

デイトレードで資産効率を高めて価格変動による収益を狙いたいという方におすすめです。

GMOコインの取引画面

仮想通貨現物TOP画面

仮想通貨現物TOP

仮想通貨現物のトップ画面です。

視覚的にシンプルで分かりやすいのが特徴で、操作に迷うことはありません。

取引の際には、「日本円の金額」or「仮想通貨の数量」を指定して取引することができます。

仮想通貨FX TOP画面

仮想通貨FX

こちらも非常にシンプルで分かりやすいですね。

通貨ペアはビットコイン/円のみ、後は注文タイプ、売りor買い、数量を指定して確認画面のボタンをクリックするだけで約定します。

チャート

仮想通貨のチャート

チャートは各通貨ペア、tick、1分、5分、10分、15分、30分、1時間、4時間、8時間、12時間、日足、週足、月足から選択できます。

テクニカルは、移動平均、ストキャスティクス、MACD、ボリンジャーバンド、パラボリックを表示できます。

FX専用スマホアプリ「ビットレ君」

ビットレ君

スマホアプリ「ビットレ君」でもパソコン版と同様に高機能なチャート等を利用することができます。

取引もタップで簡単に行うことが可能です。

GMOコインのメリット・デメリット

メリット
  • 運営母体が大きく安心感がある
  • 手数料(スプレッド)が安い
  • 手数料無料の即時入金がある
  • 出金手数料も無料
  • FXでは最大25倍で取引できる
  • アプリ「ビットレ君」が高機能
  • 画面がシンプルで分かりやすい
デメリット
  • 取扱通貨ペアが少ない
  • 取引所形式の業者と比べるとコストが高くなることがある

GMOコインでの口座開設方法

口座開設の手続きをしてから僅か2日ほどで実際に取引できるようになります。ここでは口座開設方法を詳しくご案内します。

トップページから「無料口座開設」ボタンをクリック

GMOコイン口座開設

まずはGMOコインのトップページにアクセスして、「無料口座開設」ボタンをクリックします。

メールアドレスを入力

無料口座開設

次に表示される画面でメールアドレスを入力し、「無料口座開設」ボタンをクリックします。

メールを確認、パスワードを登録する

仮想通貨

GMOコインから直ぐに「登録メールアドレスのご確認」メールが届くので、メール文章内のリンクをクリックします。

次に、リンク先のページにて、初期パスワードを設定します。

ログイン画面へをクリック

ログイン

ログイン画面へをクリックし、登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

口座開設の手続きへ

口座開設手続き

この時点では「仮口座」というステータスのため、引き続き口座開設手続きを進めます。

ログインすると、このような画面が表示されるので、「無料口座開設」をクリックします。

個人情報を入力

口座開設申込

口座開設申込画面にて、名前、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号など、個人情報を入力します。

入力後、内容確認画面が表示されるので内容を確認し、確定ボタンをクリックします。

本人確認方法の選択を行う

本人確認書類

本人確認方法の選択を行います。「本人確認書類のアップロード」と「受取時に本人確認をする」の2通りありますが、ここではアップロードを選びました。

本人確認書類をアップロードする

本人確認書類をアップロード

運転免許証を選択し、表面(住所変更がある場合は裏面も)をアップロードします。

本人確認書類は口座開設不備となるケースが多いので、以下をご確認ください。

  • 登録内容と本人確認書類の名前、住所などが一致しているか
  • 本人確認書類の画像が鮮明で、端が切れていないか
  • 本人確認書類は有効期限内か

そして、開設完了通知のお届け日時を選択し「画像と日時を確定する」ボタンをクリックします。

口座開設手続き終了

口座開設完了通知

これにて口座開設手続き終了となります。お疲れ様でした。

メールで口座開設審査結果が通知される

GMOコイン

口座開設手続きが終わると翌営業日頃に審査内容がメールで送られてきます。

「口座開設のお知らせ」の書類が郵送で届く

口座開設書類

口座開設完了のメールが送付された翌日に「口座開設のお知らせ」の書類が自宅に郵送されます。

GMOコインにログインし、その書類に記載されている「口座開設コード」を入力すると実際に入金・取引できるようになります。

GMOコインのログイン後TOP画面

仮想通貨FX

あとは入金をして取引をするだけ!

GMOコインは仮想通貨の現物売買だけでなく、仮想通貨FXでMAXレバレッジ25倍で取引することも可能です。

スプレッドも狭いので、コストを抑えて取引することもでき、入出金の手数料が無料なのも嬉しいところ。

仮想通貨の取引を考えている方は、GMOコインで口座開設を検討してみてください。GMOコイン公式HPはこちら!