マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

GMOの仮想通貨取引所「GMOコイン」の口座開設方法は?仮想通貨FXをするならGMOコインがおすすめです。

GMOコイン

FXでは世界No.1の取引高、株式でも国内大手ネット証券の一角を占めているGMOクリック証券

GMOクリック証券と同じくGMOフィナンシャルHDに属する「GMOコイン」が仮想通貨取引所を運営しています。

基本的に仮想通貨はFXと同じ仕組みのため、既存のFXのシステムを転用しやすく、GMOにとっては仮想通貨の取引に参入するのは必然であったといえるでしょう。

また親会社のGMOインターネットは仮想通貨のマイニング事業(詳細はこちら)に100億円を投じるなど、仮想通貨関連のビジネスに積極的です。

GMOはマイニングにて得たビットコインをGMOコインを通じて顧客に供給するとしており、シナジー効果も期待できそうです。

仮想通貨の取引を考えている方はFXや証券で実績があり、すでに金融庁への登録も済ませているGMOコインで口座を開設することをおすすめします。

口座開設の手続きをしてから僅か2日ほどで実際に取引できるようになります。ここでは口座開設方法を詳しくご案内します。

GMOコインでの口座開設方法

トップページから「無料口座開設」ボタンをクリック

GMOコイン口座開設

まずはGMOコインのトップページにアクセスして、「無料口座開設」ボタンをクリックします。

メールアドレスを入力

無料口座開設

次に表示される画面でメールアドレスを入力し、「無料口座開設」ボタンをクリックします。

メールを確認、パスワードを登録する

仮想通貨

GMOコインから直ぐに「登録メールアドレスのご確認」メールが届くので、メール文章内のリンクをクリックします。

次に、リンク先のページにて、初期パスワードを設定します。

ログイン画面へをクリック

ログイン

ログイン画面へをクリックし、登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

口座開設の手続きへ

口座開設手続き

この時点では「仮口座」というステータスのため、引き続き口座開設手続きを進めます。

ログインすると、このような画面が表示されるので、「無料口座開設」をクリックします。

個人情報を入力

口座開設申込

口座開設申込画面にて、名前、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号など、個人情報を入力します。

入力後、内容確認画面が表示されるので内容を確認し、確定ボタンをクリックします。

本人確認方法の選択を行う

本人確認書類

本人確認方法の選択を行います。「本人確認書類のアップロード」と「受取時に本人確認をする」の2通りありますが、ここではアップロードを選びました。

本人確認書類をアップロードする

本人確認書類をアップロード

運転免許証を選択し、表面(住所変更がある場合は裏面も)をアップロードします。

本人確認書類は口座開設不備となるケースが多いので、以下をご確認ください。

  • 登録内容と本人確認書類の名前、住所などが一致しているか
  • 本人確認書類の画像が鮮明で、端が切れていないか
  • 本人確認書類は有効期限内か

そして、開設完了通知のお届け日時を選択し「画像と日時を確定する」ボタンをクリックします。

口座開設手続き終了

口座開設完了通知

これにて口座開設手続き終了となります。お疲れ様でした。

メールで口座開設審査結果が通知される

GMOコイン

口座開設手続きが終わると翌営業日頃に審査内容がメールで送られてきます。

「口座開設のお知らせ」の書類が郵送で届く

口座開設書類

口座開設完了のメールが送付された翌日に「口座開設のお知らせ」の書類が自宅に郵送されます。

GMOコインにログインし、その書類に記載されている「口座開設コード」を入力すると実際に入金・取引できるようになります。

GMOコインのログイン後TOP画面

仮想通貨FX

あとは入金をして取引をするだけ!

GMOコインは仮想通貨の現物売買だけでなく、仮想通貨FXでレバレッジ5倍・10倍・25倍の3つから選択して取引することが可能です。

スプレッドも狭いので、コストを抑えて取引することもでき、入出金の手数料が無料なのも嬉しいところ。

仮想通貨の取引を考えている方は、GMOコインで口座開設を検討してみてください。GMOコイン公式サイト