マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

イオレ(2334)が12月15日に東証マザーズに新規上場!IPOスケジュール、幹事証券会社などのまとめ

イオレIPO

団体・グループ用の連絡網サービス「らくらく連絡網」やWebメディアへの広告配信事業を営む「株式会社イオレ」が12月15日に東証マザーズに新規上場します。

ブックビルディングは11月29日〜、申込は12月8日〜となっています。

想定発行価格1,780円から算出した時価総額は40億円、吸収金額は5億円と東証マザーズの小型案件です。

12月15日にはHANATOUR JAPAN(6561)も上場、2社同時上場となります。

東証マザーズ、小型案件、公開株数が少ない、IT関連企業、ベンチャーキャピタルの資本が少ないといった初値が高騰する要件が揃っており、他のIPOと比較しても優先的に応募すべきでしょう。

イオレの事業内容

イオレは「新しい便利、 新しいよろこびを」というミッションを掲げ、「団体活動を応援する、データカンパニー」を目指しています。

主な事業は団体活動に必要なグループコミュニケーション支援サービス「らくらく連絡網」と自社や提携パートナーが保有するWebメディアへの広告配信事業「pinpoint」の2つです。

らくらく連絡網

団体活動に必要不可欠な出欠確認、日程調整などが簡単にできるほか、アンケートや安否確認などの役立つ機能も満載で、大学生の4人に1人はらくらく連絡網のユーザーです。

写真やファイルの共有、PC、携帯、スマホアプリ全てに対応しています。

また、らくらく連絡網を窓口に大学生に特化したアルバイト求人サイト「ガクバアルバイト」や、提携企業からの求人案件を掲載する「らくらくアルバイト」の運営も行っています。

pinpoint

イオレと提携企業が保有するデータを活用して、クライアント向けに最適な広告配信を実現するサービスで、精密なセグメント設定によって本当に届けたいターゲット属性への広告配信を可能とする広告サービスです。

売上高は年々増加、サービス毎の売上高は以下の通りとなっています。

イオレ売上高

「らくらく連絡網アプリ」がリニューアル

イオレ(2334)のIPO情報

イオレ会社概要

銘柄コード 2334
市場 東証マザーズ
業種 サービス業
HP イオレ
社長 吉田直人
本社 東京都港区
設立 2001年4月25日
連結売上高 11億円(2017年3月期)
連結利益 1.2億円(2017年3月期)
従業員数 73名

イオレ業績推移

イオレ業績推移

イオレIPOスケジュールと価格

BB期間 11月29日〜12月5日
公募価格決定 12月6日
購入申込期間 12月8日〜12月13日
上場日 12月15日
公募株数 140,000株
売出株数 115,000株
OA株数 38,200株
想定売出価格 1,780円
吸収価格 5億円
想定時価総額 40億円
仮条件 -
公募価格 -
初値 -
(公開時)時価総額 -

イオレIPO幹事証券会社

主幹事 SBI証券
幹事 みずほ証券
幹事 岩井コスモ証券
幹事 マネックス証券
幹事 SMBC日興証券
幹事 藍澤証券
幹事 極東証券

個人的にはマネックス証券岩井コスモ証券でのIPO株をゲットすることが多く重宝しています。IPO用に口座を開設するとよいでしょう。

イオレ主要株主

株主 保有比率 lockup
吉田直人(社長) 26.48% 90日
(株)五六 11.33% -
小川誠(専務) 6.05% 90日
凸版印刷(株) 6.00% 90日
中井陽子(取締役) 4.30% 90日
(株)KEIアドバンス 4.14% 90日
(株)アルファステップ 3.41% 90日
本郷孔洋 2.69% 90日
一條武久 2.27% 90日
(株)毎日コムネット 2.07% 90日