マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

オプティマスグループ(9268)が12月26日に東証2部に新規上場!IPOスケジュール、幹事証券会社などのまとめ

オプティマスグループIPO

中古自動車をNZをはじめとする世界30ヶ国以上に輸出・販売している「株式会社オプティマスグループ」が12月26日に東証2部に新規上場します。

ブックビルディングは12月8日〜、申込は12月18日〜となります。

想定発行価格1,710円から算出した時価総額は91億円、吸収金額は32億円の東証2部中型案件です。

日本の自動車は高品質のため世界中で評価を得ており、輸出を手がける業者にとっては途上国を中心にビジネス拡大のチャンスは十分にありますが、為替や景気の影響を受けることから今後の動向が読みにくい面もあります。

事業内容からはIPO時には大きなリターンは期待できず、年末の市況によって利益が確定できるかが決まるでしょう。

 

オプティマスグループの事業内容

「オプティマス(Optimus)」という単語はラテン語で「最善」を意味します。

オプティマスグループは「正しく公平な経営により、最善の貢献を図る」という経営理念を掲げ、

  • 楽しく安全な移動手段と、一人一人に最適なサービスを提供する事業を究める
  • 新しい価値や革新的なサービスを創り出し、未来に向かって事業を拓く
  • すべてのステークホルダーと自然との共栄を図り、世界人としてグローバル社会の発展に貢献する

という3点を使命としています。

事業内容は中古自動車輸出だけでなく、貿易、物流、金融・サービス、検査・検疫などの様々な自動車関連サービスを提供しており、現在はNZを中心に世界で幅広く事業を展開しています。

オプティマスグループ

事業の中核を占める「貿易」では、日本で現地顧客のニーズに合った中古車を仕入れ、現地のディーラーに販売を行っています。

中古車の輸出に付随する「物流」では、自動車の輸送だけでなく、輸出事務手続のサポート、整備業務等を行い、グループ内で物流事業をワンストップで担うことによって、顧客の手間を省き、営業コストを削減しています。

NZにおける現地のディーラーや一般消費者向けの「サービス事業」では、ディーラーに対する債権回収補助や、一般消費者向けの自動車ローン事業を行い、さらに中古自動車の輸出に必要な「検査事業」も担っています。

それぞれのセグメント別の連結売上高、営業利益、就業人員は以下の通りです。

オプティマスグループのIPO

 

オプティマスグループ(9268)のIPO情報

オプティマスグループ会社概要

銘柄コード 9268
市場 東証2部
業種 卸売業
HP オプティマスグループ
社長 山中信哉
本社 東京都港区
設立 2015年1月9日
連結売上高 270億円(2017年3月期)
連結利益 13億円(2017年3月期)
従業員数 22名

オプティマスグループ業績推移

オプティマスグループ業績推移

 

オプティマスグループIPOスケジュールと価格

目論見書 オプティマスグループ目論見書
BB期間 12月8日〜12月14日
公募価格決定 12月15日
購入申込期間 12月18日〜12月21日
上場日 12月26日
公募株数 270,600株
売出株数 1,340,600株
OA株数 241,600株
IPO当選数 1,852,800株
想定売出価格 1,710円
吸収価格 32億円
想定時価総額 91億円
仮条件 1,710円~1,800円
公募価格 -
初値 -
(公開時)時価総額 -

オプティマスグループIPO幹事証券会社

主幹事 野村証券
幹事 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事 SMBC日興証券
幹事 みずほ証券
幹事 SBI証券
幹事 いちよし証券

オプティマスグループ主要株主

株主 保有比率 lockup
山中信哉(社長) 40.73% 90日
デイモン・スコット・ジャクソン(取締役) 16.84% 90日
ロバート・アンドリュー・ヤング(取締役) 16.31% 90日
マーティン・フレイザー・マッカラック(取締役) 16.31% 90日
ピーター・ケネス・ジョンストン 1.33% 90日
福村康一(取締役) 1.11% -
笠原義隆(取締役) 1.11% -
篠原正裕 1.11% -
吉田浩 1.11% -
山中玲子 0.64% 90日