マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

仮想通貨取引所「ビットトレード(Bit Trade)」の口座を開設してみました!

ビットトレード

2017年は仮想通貨が本格的に普及し始めたことから「仮想通貨元年」と呼ばれていますが、11月に入ると取引所を通じ仮想通貨に膨大な資金が流入、大きな転換点を迎えているようです。

代表的な仮想通貨であるビットコインは11月月初は70万円を下回る水準で推移していたものの下旬には一つの目安とされていた1万ドルを突破し、日本円ベースでは120万円を超えるまで上昇しました。

このことがメディアで大きく取り扱われ、さらに新たに取引する投資家が増え、より高値を目指すような勢いがあります。

とはいえ、あまりにもビットコインの上昇ペースが早く、その分暴落の可能性があり手を出しづらいというのも本音。

そこで、同じくここ数週間で上昇している「モナコイン(MONA)」に目をつけ、取引をしてみることにしました。

 

ビットトレードの口座開設はとにかく速い!

金融庁に仮想通貨交換業者として登録済みで、モナコインを取り扱っている業者を調べたところ、ビットトレードが該当、早速口座開設の手続きをしてみました。

なお、ビットトレードはFX大手FXトレード・フィナンシャルの関連会社でもあります。

驚いたのが、口座開設手続き→完了までのスピード。

11月27日(月)昼頃に口座開設の手続きを行い、2時間後に「本人確認書類確認完了」のメールが届き、翌日28日(火)の午前中に「お取引開始のお知らせ」の手紙が到着しました。

なんとWeb上で口座開設の手続きをしてから、実際に書類が到着し取引できるまでの時間が24時間もかからずという速さです。

この辺りはFX会社として運営してきたノウハウが最大限活かされているのだと感じました。

その口座開設の方法は以下の通りです。この手順通りに行えば、口座を開設することが可能です。

ビットトレード口座開設手順

HPトップの「新規会員登録」をクリック

bittrade口座開設

まず、ビットトレードHPにアクセスして、画面右上の「新規会員登録」をクリックします。

メールアドレスを登録する

ビットトレードHP

メールアドレスを入力し、登録ボタンをクリックします。

パスワードを設定

ビットトレード手続き

ビットトレードから届いたメールの文章に記載されているリンクをクリックし、パスワードを設定します。

利用規約、取引ルール、リスク事項も念のためしっかり読んでチェックをします。

名前・住所などの基本情報を入力

bittrade

基本情報を入力します。ここで間違えると口座開設不備となり後に手間暇がかかるので、正しい情報を入力するようにしましょう。

入力を終えたら「次に進む」をクリックします。

取引の目的、職業などを選択

仮想通貨

取引の目的、職業等を入力ます。

※外国の重要な公人とは、大臣などのことで、日本人であれば「外国の重要な公的地位にある者には該当しません」にチェックを入れます。

そして、次の画面で入力内容の確認画面が表示されるので、内容を確認し「登録」ボタンをクリックします。

本人確認書類のアップロード

ビットトレード評判

アップロードする本人確認書類の種類を選択しアップロードを行います。

ここでは、裏面に記載がなくても免許証、保険証の場合は裏面を含む2つの画像をアップする必要があります。

次の本人確認書類確認画面で問題がなければ「この内容で登録する」をクリックします。
これにて手続きが終了、あとはビットトレードから「本人確認書類確認完了」が届くと、その後「お取引開始のお知らせ」が転送不要の簡易書留で届き、取引できるようになります。

こちらのビットトレード公式ページよりアクセスして、まずは口座開設を行ってみてください。

この記事を書いている間にビットコインは1万円も上昇。ちょっと怖いくらいの勢いですね。

www.kabu-money.com