マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

2018年オススメの投資法は「仮想通貨の積立!」Zaifコイン積立でビットコイン、イーサリアムのコツコツ投資を始めよう!

Zaifコイン積立

金融市場において仮想通貨の取引が、株やFXから主役を奪うような勢いです。

仮想通貨取引所大手のcoincheck(コインチェック)は出川哲朗を器用してテレビCMを全国展開、プロ野球ロッテのエース石川歩投手は契約更改の際に「年棒が10ビットコイン下がった」と語るなど、仮想通貨が広く深く普及し始めた印象を受けます。

しかし仮想通貨自体のは値動きが激しく、損をするリスクがあり投資するのが怖いという方もいると思います。

そのような方にオススメしたいのが、仮想通貨の積立投資

ここでは初心者の方でも理解できるよう、仮想通貨の積立投資を一から分かりやすく説明します。ゆっくり&じっくり読み進めてみてください。

なぜ仮想通貨への投資がおすすめ?

仮想通貨の積立

投資する対象は株式、投資信託、FX、債券、金など多くの商品があります。

その中で2017年に注目度がアップし、勢いがあるのがビットコインに代表される仮想通貨です。

仮想通貨自体は何年も前からありましたが、日本においては2017年に政府が取引所を登録制とするなど法整備を進めた結果、新規口座開設者が増え資金が流入、多くの通貨の価格が上昇しています。

また仮想通貨を支えるシステム「ブロックチェーン」が世の中のあらゆる仕組みを変える次世代の技術として注目されていることも、仮想通貨が買われた要因となりました。

では、日経平均株価やドル円の主要金融商品と仮想通貨の2017年1月と12月の価格を比べてみましょう。

主要金融商品の価格(2017年1月→12月)
商品 2017年1月価格 2017年12月価格 騰落率
日経平均株価 19,400円 22,694円 1.16倍↑
ドル円 118円 112.70円 0.95倍↓
1,164ドル 1,255ドル 1.07倍↑
ビットコイン 114,525円 1,932,000円 16.8倍↑
イーサリアム 957円 83,600円 87倍↑

日経平均株価は年初から約1.16倍、金の代表的な指標であるNY金先物価格は1.07倍でした。

現在日本は金利がつかないため、資産が1.16倍に増えるだけでも上出来と言える数字です。

驚くのが代表的な仮想通貨であるビットコインとイーサリアム。

ビットコインは年初から16.8倍、イーサリアムにいたってはなんと87倍!になりました。

もし日本株に1万円投資していれば12月には1.1万円、ビットコインであれば1万円が16.8万円、イーサリアムの場合は87万円にまで増えていることに。

仮想通貨は本格的に普及したばかりの商品で、今後も価格上昇が期待できる有望な商品であるため投資対象としてオススメできるのです。

しかし「投資に絶対」はありません。損する可能性・リスクもあることを理解してください。

なぜ仮想通貨の「積立投資」がオススメ?ドルコスト平均法とは?

仮想通貨ドルコスト平均法
投資対象として仮想通貨がよいのは上記の通りですが、ここではコツコツ「積立」して投資することを推奨してます。

積立投資とは、

  • 一定のタイミングに
  • 一定の金額で
  • 同じ商品の購入を継続する

ことです。

例えば毎月1日にビットコインを1万円分購入するといった投資方法です。

ビットコインのその時の値段に関係なく、一定のタイミングで同じ金額分を買い付けるのがポイントです。

このような投資手法を「ドルコスト平均法」と呼びます。

仮想通貨取引所Zaif

ドルコスト平均法では、上図の通り価格が安い時にはその分多くの数量を購入価格が高い時には少ない量を購入することで、買い付け単価を平準化し、高値掴みを防ぐことができます。

リスクを抑えるだけでなく、機械的に買い付けていくことで投資するタイミングや金額に悩んだり考えたりする必要はなく、特に初心者の方にとってはおすすめの投資方法ともいえます。

仮想通貨の積立は「Zaifコイン積立」にて行うことができる

Zaifコイン積立

まず仮想通貨の取引を行うためには、「仮想通貨取引所」にて口座を開設する必要があります。

日本国内に仮想通貨取引所は数十ありますが、金融庁の審査を経て当局に登録されている取引所で口座を開設するようにしましょう。

海外の取引所などでも仮想通貨の取引をする子はできますが、初心者の方は避けるようにしてください。

日本の取引所の中で積立取引サービスを提供しているのが、Zaifという大手の仮想通貨取引所です。

2017年12月現在、日本の仮想通貨取引所で積立サービスを提供しているのはZaifのみです。

Zaifを運営する「テックビューロ株式会社」は金融庁から「近畿財務局長第00002号」にて仮想通貨交換業者の登録を受けているので信用力の面でも安心。

テックビューロ社は日本におけるフィンテック(金融×IT)の最先端を走っている会社で、社長である朝山貴生(@TakaoAsayama)さんはこの業界では非常に有名な経営者でもあります。

Zaifの口座開設は無料、維持費もかかりません。

パソコンやスマホで必要事項を入力し、スマホで免許証などの本人確認書類を撮影してアプロードすると数日で2営業日ほどで口座開設が完了します。

Zaif公式サイトから、まずは手続きを行ってください。Zaifのサービスの詳細はこちらの記事に詳細を記載しています。

「Zaifコイン積立」の詳細ついて

Zaifコイン積立

Zaifコイン積立にて積立投資できる仮想通貨は

  • BTC(ビットコイン)16.8倍↑
  • MONA(モナコイン)561倍↑
  • XEM(ネム)150倍↑
  • ETH(イーサリアム)87倍↑

の4つの仮想通貨です。

参考までに、右に2017年1月→12月14日までの上昇率を記載しました。

モナコインはなんと561倍、1万円が1年間で561万円へと爆騰しました。

積立購入金額は月額1,000円以上で(1,000円単位)、毎月27日に銀行口座から積立金額が自動で引き落とされ、翌月10日~翌々月9日にかけて指定した仮想通貨を毎日購入します。

積立で購入した仮想通貨はいつでも売却できますが、基本的には中長期での保有をおすすめします。

毎月の積立額に応じて以下の手数料がかかりますが、これ以外(ex.取引手数料等)はかかりません。

積立金額 手数料
1千円~2千円 100円
3千円~9千円 3.5%
1万円~2万9千円 2.5%
3万円~4万9千円 2.0%
5万円以上 1.5%

毎月の積立金額が20,000円の場合、コストとして2.5%の500円かかります。

国内の銀行であれば、メガバンクからネット銀行、地方銀行まで提携しており、Zaifで口座を開設した後に、ログイン後の画面のZaifコイン積立申込画面から手続きを行うことで取引をスタートすることができます。

Zaifコイン積立の利用例

ビットコイン積立

ここではより具体的にZaifコイン積立の利用例を挙げてみます。

まず、給料が毎月25日に振り込まれるため、毎月の給料から3万円をビットコインの積立に充てることにします。

銀行から毎月27日に手数料を含めた3万600円が引き落とされ、3万円がZaifの口座に反映されます。

そして翌月10日~翌々月9日まで毎日、1日あたり約1,000円分のビットコインが自動で購入され、そしてさらにまた翌日・・と続いていきます。

毎日コツコツとビットコインがZaifの口座に積み上がっていきます。

最初の設定さえすれば後は、引き落としも取引も自動のため何もする必要がないのも忙しい会社員などには嬉しいところですね。

ほとんどの仮想通貨はこれまで上昇を続けてきましたが、今後も続くとは限りません。

もちろん日によっては下落する日もあるので、積立投資を行っても日々の変動に対して神経質にならず、余裕を持っていい意味でほったらかしにしておくのが良いでしょう。

ビットコイン・イーサリアム2017年のチャート

ビットコイン2017年チャート

ビットコインチャート

イーサリアム2017年チャート

イーサリアムチャート

ビットコイン、イーサリアムどちらも綺麗な右肩上がりのチャートを描いています。

特に日本の仮想通貨取引所において、2017年10月から金融庁への登録制となったのが大きいようで、後半に価格上昇のペースがさらに加速しています。

とはいえ日本においてはまだ仮想通貨が普及し始めた段階、今後口座開設と取引者が増え、さらに外国でも仮想通貨への取引が一般的になるとさらに価格の上昇が続きそうです。

Zaifは積立投資ができるというのが大きなメリットですが、手数料コストが安い、取引ツールが使いやすいことも投資から評価を得ています。

口座の登録と口座を維持するのに手数料はかからず、さらにログイン後の画面でチャートや板情報など様々情報を得ることができます。

まずはZaifで口座を作って情報収集をしたり、取引のタイミングをうかがってみてください。