マネーの窓口

マネー全般について元証券・銀行マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

ウェルスナビ(WealthNavi)で口座開設してみました!画像付きで登録手順を解説!

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近よく見聞きするようになった「ロボットアドバイザー」。

お金の資産運用を金融工学を駆使したロボアドが自動で運用してくれる優れものです。

自分で銘柄を選択したり購入することなく、全てロボアドが行なってくれるので、基本放ったらかしでOK。

楽に手間暇かけずに運用できるので、口座を開設してみることにしました。

独立系から証券会社まで様々な会社がロボアドサービスを提供していますが、預かり資産と口座開設者数でNO.1の「ウェルスナビ」の評判がいいことから、ここで口座登録手続きを行ないました。

最大手ということは、これまでの実績や顧客満足度が高いことを意味し、信用力もあるので、何か新しいサービスに申し込む際には「No.1」というのも一つの決め手となります。

ウェルスナビでの運用は最低で10万円〜、手数料は年率1%、簡単なアンケートに答えるだけで、あなたに代わって優秀なロボット(AI)が運用をしてくれます。

ここでは、実際に行ったウェルスナビでの口座開設手順をご紹介します。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設方法

トップページにアクセス

WealthNavi(ウェルスナビ)

ウェルスナビのトップページにアクセスして「無料診断する」をクリックします。

診断をスタート

診断を始める

まずはリスク許容度を診断するため、6つの簡単に質問に答えます。「診断を始める」をクリック。

6つの質問答える

現在、何歳ですか?

6つの質問内容は「現在、何歳ですか?」「年収はいくらですか?」「金融資産はいくらですか?」「毎月の積立額は?」「資産運用の目的は?」「株価が1ヶ月で20%下落したら?」というもので、それぞれ表示される選択肢から該当する箇所にチェックを入れます。

リスク許容度、投資に対する予想リターンを確認

リスク許容度

質問に全部答えると、リスク許容度と2000万円を投資した場合のリターンの予想額が表示されます。

私の場合、

  • リスク許容度 5/5(最もリスクをとって運用できる)
  • リターン 2,000万円の投資が70%の確率で3,307万円になる

とのことでした。

200万円でスタートして、30年間にわたり合計2,000万円の積立投資を行なった場合、資産が3,300万円を超えるとのこと。

現在は金利がほぼつかないので、この差は大きいですよね。

内容を確認したら「次へ」のボタンをクリックします。

口座開設の手続きを行う

口座開設の手続き

メールアドレスを入力し「次へ」をクリックします。

認証コードとパスワードを入力

認証コード

登録したメールアドレスに認証コードが届くので、その4桁の認証コードを入力し、ログイン時のパスワードを設定します。

パスワードは8文字以上、大文字、小文字、数字の全て含める必要があります。

そして「ユーザー登録する」をクリックします。

お客様情報ページに必要事項を入力する

お客様情報ページ

お客様情報ページが表示されるので、性別、電話番号、職業、投資経験などを画面の内容に沿って入力します。

そして「登録する」をクリックします。

本人確認書類をアップロードする

本人確認書類

次に本人確認書類をアップロードします。本人確認書類は

  • 運転免許証と個人番号通知カード
  • マイナンバーカード

のいずれかが必要となります。

スマホなどで撮影し、画像をアップロードしてください。そして「次へ」をクリックします。

規約を確認する

規約に同意

規約が表示されるので、内容を確認しチェックボタンを入れ「申し込む」をクリックします。

配達希望日を選択する

配達希望日

最後に配達希望日土日希望or指定なしから選択し「配達希望を決定」をクリックします。

ウェルスナビ口座開設申込完了

ウェルスナビ口座開設完了

お疲れ様でした!これにてウェルスナビの口座開設手続きが完了です。

内容に問題がなければ2,3営業日にて自宅に書類が届き、運用をスタートすることができるとのことです。

質問に答えて、口座開設の手続きが完了するまでは10分ほどでした。

上記の簡単な手続きを行うことでウェルスナビ(WealthNavi)で口座を開設することができます。

口座を作っても必ずしも入金や運用をする必要はないため、軽い気持ちで口座を作ってみてください。

ウェルスナビ口座開設はこちら