仮想通貨の窓口

仮想通貨などマネー全般について元銀行&証券マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

「bitFlyer(ビットフライヤー)」の取引サービスまとめ!手数料、取扱仮想通貨、評判やメリット/デメリットは?

bitFlyer(ビットフライヤー)

日本は世界で最も仮想通貨の取引量が多い「仮想通貨大国」ですが、日本で最大手の仮想通貨取引所が「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。

口座数、仮想通貨の取引量、資本金で日本NO.1、つまり「bitFlyer」は世界最大の仮想通貨取引所でもあります。

bitFlyerでは、ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引をすることができるだけでなく、口座開設をするとログイン後の画面から提携企業のサービスを申し込むことで、ビットコインがもらえたり、買い物ができたりと様々なサービスを利用できます。

ヤマダ電機やビックカメラなど多くの店舗でビットコインで買い物ができますが、その決済システムは「bitFlyerウォレット」を利用したものであり、仮想通貨のインフラ整備においても重要な役割を果たしています。

ここでは、日本の仮想通貨ビジネスを牽引するbitFlyerのサービス内容をまとめました。

bitFlyer(ビットフライヤー)はどんな会社?

「ビットフライヤー〜♪ビットフライヤー〜♪みんなで歌おう〜」

女優の成海璃子さんが出演しているテレビCMをご覧になったことがあるはずです。

bitFlyerはゴールドマン・サックス証券でエンジニアやトレーダーとして活躍した、加納裕三社長が中心となって2014年に設立した会社で、今や日本の仮想通貨・ブロックチェーン業界を主導する企業となりました。

仮想通貨取引所として、アメリカやヨーロッパにも進出しています。

口座数は国内だけで2017年に100万口座を突破、本社も東京ミッドタウンに移転するなど会社としても非常に勢いがあり、近くIPO(新規株式公開)するだろうと注目されています。

株主は以下の通り、メガバンク系のベンチャーキャピタルなどが名を連ねています。

f:id:kabuhack:20180130175847p:plain

bitFlyer「会社紹介」動画

bitFlyerは「仮想通貨交換業者」として金融庁登録済み

bitflyer仮想通貨交換業者

仮想通貨取引所コインチェックが外部からの不正アクセスにより、5.4億NEM(日本円620億円相当)が盗まれたことが大きな問題となっています。(コインチェック騒動のまとめ

この事件で注目されたのが、コインチェックが金融庁に登録されていない業者だったとう点です。

仮想通貨の取引所ビジネスを行う場合は、2017年4月に施行された「改正資金決済法」により、仮想通貨交換業者として金融庁の認可を受ける必要がありますが、コインチェックは当局の審査が通らず、申請中の状態だったのです。

金融庁の審査をクリアするためには、資本金やコンプライアンス、内部統制、システム要件など様々な基準に合格する必要があります。

bitFlyerは2017年9月に金融庁から登録業者が発表された第一弾の時に、登録番号「関東財務局長第3号」として登録されています。

会社の体力や信用度が高く、大事な資産を預けるのに信頼のおける会社と言えるでしょう。

bitFlyerで取引できる仮想通貨

bitFlyer(ビットフライヤー)取扱仮想通貨

「取引所」形式
  • ビットコイン/円
「販売所」形式
  • ビットコイン/円
  • イーサリアム/円
  • イーサリアムクラシック/円
  • ライトコイン/円
  • ビットコインキャッシュ/円
  • モナコイン/円
「bitFlyer Lightning」
  • ビットコイン/円(現物)
  • ビットコイン/円(FX)
  • ビットコイン/円(先物)
  • イーサリアム/ビットコイン(現物)
  • ビットコインキャッシュ/ビットコイン(現物)

bitFlyerで取引できる仮想通貨ペアは上記の通りとなります。

次に、「取引所」「販売所」「bitFlyer Lightning」の違いを説明します。

bitFlyerの「取引所」形式について

「取引所」形式とは、株式売買の「板形式」で約定させる方法と同様で、bitflyerの顧客のビットコインの注文を付け合わせて取引を行います。

以下の表の状態で、1BTCの買い注文を発注すると、1,179,050円で約定します。

売り注文の場合は、1,179,020円での約定となります。

ビットコイン/円のAskが「1,179,050」、Bidが「1,179,020」で、Ask(顧客買値)とBid (顧客売値)の差は僅か「30円」。

この「30円」が取引コスト(スプレッドと呼ぶ)となりますが、会社によってはビットコイン/円のスプレッドが数万円になることがあり、bitFlyerは非常にビットコインのコストが低いのが特徴です。

bitFlyerでは顧客と取引量が多く、流動性が高いため、低コストでビットコインの取引をすることができます。

bitFlyer板形式

bitFlyerの「販売所」形式について

「販売所」形式は、bitFlyerが顧客にレートを提示して、bitFlyerと顧客の相対で取引をするものです。

つまり、bitFlyerが顧客に仮想通貨を販売することになります。

ビットコイン/円のレートで比較すると、以下の通りスプレッドが約3万円と高くなります。

そのため、ビットコインを取引する場合は「取引所」にて取引を行い、イーサリアム、ライトコイン、モナコインなどは「取引所」では取引できないため、「販売所」で取引をすることになります。

ビットコイン以外の仮想通貨の取引手数料を重視する場合は、手数料の安いZaifにて口座を開設すると良いでしょう。

f:id:kabuhack:20180130192100p:plain

参考までに、bitFlyerの販売所で取り扱っている各通貨ペアのスプレッドです。

  • ビットコイン/円 29,000円
  • イーサリアム/円 8円
  • イーサリアムクラシック/円 170円
  • ライトコイン/円 1,500円
  • ビットコインキャッシュ/円 15,000円
  • モナコイン/円 60円

「bitFlyer Lightning」について

bitFlyer Lightning

bitFlyerの取引ツール「bitFlyer Lightning(取引所形式)」では

  • ビットコイン/円(現物)
  • ビットコイン/円(FX)
  • ビットコイン/円(先物)
  • イーサリアム/ビットコイン(現物)

を取引することができます。

ビットコイン/円(FX)のレバレッジは最大で15倍、つまり1万円の資産で最大15万円分のビットコインの取引をすることができます。

bitFlyer Lightningはチャートやレートを見ながら取引ができるトレーディングツールで、1日に何十回以上も取引をする方や、FX、信用などでレバレッジを効かせて取引をする方向けのトレーディングに特化した取引ツールです。

bitFlyerの各種手数料

bitFlyer手数料

日本円の入金

  • クイック入金は「1件324円(税込)」
  • 振込入金は「顧客負担」

日本円の出金

  • 3万円未満「540円(税込)」※三井住友の場合は216円(税込)
  • 3万円以上「756円(税込)」※三井住友の場合は432円(税込) 

仮想通貨取引「手数料」

  • 「取引所」「販売所」は無料
  • 「bitFlyer Lightning」はBCH/BTC、ETH/BTCは0.2%、その他は無料

入金や出金は頻繁に行うことはないとはいえ、それぞれ手数料がかかるのが残念なところ。

入出金手数料を重視する方はGMOコインまたは、DMM Bitcoinをおすすめします。

両社共に、クイック入金と出金の手数料は「無料」です。

bitFlyerの取引ツール

bitFlyerトップ画面

bitFlyerトップ画面

bitFlyerのトップ画面にはこのように「資産状況」が表示され、自分の総資産と前日比を一目で把握することができます。

bitFlyer「ビットコイン取引所」

bitFlyermビットコイン取引所

ビットコイン取引所はこのように非常にシンプルで、取引数量を入力して「コインを売る」or「コインを買う」をクリックするだけです。

bitFlyer「販売所」

bitFlyer販売所

販売所も取引所同様、迷いようがないほどシンプルです。

また、「bitFlyer Lightning」では、高度なテクニカル指標なども利用できます。

スマホで取引「bitFlyerウォレット」

bitFlyerウォレット

24時間365日取引できる仮想通貨では、スマホでの取引が欠かせません。

bitFlyerではiOS、アンドロイドに対応した「bitFlyerウォレット」にて仮想通貨の取引やレートやチャートの確認をすることができます。

また、ウォレットにてビットコインの受取や送金、さらにビックカメラなどの店舗で決済をすることができます。

bitFlyerで(無料で)ビットコインをもらう!

ビットコインをもらう

bitFlyerが提携している約100社の企業のサービスを利用したり、会員登録することで、ビットコインをもらうことができます。

提携企業はZOZOTOWN、楽天、TSUTAYA、Oisix、Yahoo!BB、hulu、ビザハット、Yahoo!ショッピング等と多彩です。

これらのサービスを利用している方は、bitFlyerのログイン後の画面からサービスを申し込み、ビットコインをゲットしてください。

bitFlyerのセキュリティ対策と補償について

bitFlyerのセキュリティ

コインチェックが外部からの不正アクセスにより仮想通貨が盗まれたことを受け、仮想通貨取引所にはセキュリティ対策をより強化するよう求められています。

bitFlyerが行なっている主な対策は以下の通りです。

  • 保有している80%以上の仮想通貨はコールドウォレットにて保管
  • 秘密鍵を常に暗号化して保管
  • 取扱仮想通貨に基準を設けてマルチシグにて保管
  • セキュリティ上問題ない通貨のみの取り扱い

「コールドウォレット」とは、ネットワークから物理的に隔離されたウォレットのことで、「マルチシグ」は送金に複数の秘密鍵を要求する技術を意味します。

コインチェックは盗まれた仮想通貨ネムをネットワーク上に繋がれている「ホットウォレット」で保管、さらにマルチシグも未対応だったことが、セキュリティ対策として杜撰だったと指摘されています。

また、bitFlyerでは顧客資産を保護すべく、損害保険会社として提携し「不正な日本円の出金に対する補償」と「サイバー攻撃等によるビットコインの盗難に対する補償」を行なっています。

これらのbitFlyerの対策の詳細は「bitFlyerセキュリティ・ファースト主義」をご参照ください。

bitFlyerのメリット・デメリット

bitFlyerメリットとデメリット

ここまで紹介してきた内容を整理するため、bitFlyerのメリットとデメリットをまとめてみました。

bitFlyerの「メリット」

  • 国内最大手で金融庁登録済み(信用力高い)
  • ビットコインの手数料が安い(スプレッド数十円)
  • 初心者でも取引しやすい画面設計
  • bitFlyerウォレットは店舗でも決済で利用できる
  • 提携企業のサービスを使えばBTCがもらえる
  • マネーフォワードと連携している

bitFlyerの「デメリット」

  • アルトコインの手数料が高い
  • 入出金に手数料が必要

まとめるとbitFlyerはビットコインだけを取引する人、店舗などで決済手段として利用したい人にとってはベストな仮想通貨取引所です。

最大手の取引所であり、今後もサービスの拡充が見込めるため、口座を開設して損はないでしょう。

一方、アルトコイン(ビットコイン以外の通貨)を頻繁に取引したい方は手数料が高いいので向いていません。

人気のリップルやネム等の通貨は取り扱いがないため、DMM BitcoinGMOコインZaifなどでも口座を開設するとよいでしょう。

なお、DMM Bitcoinは3月31日までに口座を開設するだけで1,000円をもらえるキャンペーンを実施しています。

以上、bitFlyerのサービスのまとめでした。

Web上で登録をすれば2、3営業日後に自宅に書類が送付され取引できるようになります。

なんといっても日本発の世界最大手の仮想通貨取引所です。ぜひbitFlyerを利用してみてください。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で