仮想通貨の窓口

仮想通貨などマネー全般について元銀行&証券マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

「コールドウォレット」「ホットウォレット」とは?その違いは?

コールドウォレットとホッとウォレットの違い

仮想通貨取引所コインチェックがセキュリティの脆弱性を突かれ、580億円相当のネム(NEM)を盗まれたことが大問題になっています。

不正アクセスにより盗まれた原因として挙げられるのが、顧客が保有しているネムを「コールドウォレット」で保管すべきところ、「ホットウォレット」にて保管していた点にあります。

システム関係の仕事に従事している方であれば、この原因を聞いて「セキュリティ対策がなってない!(怒)」となりますが、「んっ??」となる方がほとんどだと思います。

そこで、ここでは「ホットウォレット」と「コールドウォレット」について、分かりやすく解説をしたいと思います。

 

「ホットウォレット」とは?

ホットウォレット

まず「ウォレット(Wallet=財布)」についてですが、仮想通貨にて語られるウォレットとは「仮想通貨を保管している場所」を意味します。

つまり電子的な財布のことをウォレットと言います。

そして、ホットウォレットは「常時インターネットに繋がっているウォレット」のことです。

ネットに常に繋がっているため、Web上の手続きで簡単に仮想通貨を送金したり、管理が楽といったメリットがある一方、ハッキングされると保管している仮想通貨を盗難されるリスクもあります。

コインチェックが盗難被害にあったネムはホットウォレットにて保管していたものでした。

「コールドウォレット」とは?

コールドウォレット

コールドウォレットは「インターネット(ネットワーク)から物理的に隔離されたウォレット」のことです。

コールドウォレットには、保管している仮想通貨にアクセスするための「秘密鍵」が入っています。

ネット上から切り離された端末に保管しているため、ハッカーなどが外部からいくらアクセスしても、秘密鍵を入手できず、仮想通貨を奪うことはできません。

コールドウォレットの端末としては、USBなどの専用端末が使用されており、USBに秘密鍵を保管し、必要な時に秘密鍵を使ってネット(ブロックチェーン)上にある仮想通貨へアクセスします。

分かりづらいですが、コールドウォレット自体に仮想通貨が保管されているのではなく、ネット上に保管されている仮想通貨へアクセスするための鍵がコールドウォレットに保管されているのです。 

コールドウォレットはセキュリティを高めることができますが、運用手順が複雑でコストがかかり、送金するまでに時間がかかるなどの運用するのに手間暇がかかります。

また、内部犯行や、管理する人間が狙われたりするリスクもあり、これらのリスクを防ぎながら運用する体制が求められます。 

www.kabu-money.com