仮想通貨の窓口

仮想通貨などマネー全般について元銀行&証券マンが難しいことを「シンプルに分かりやすく」解説します!

仮想通貨の取引は「取引所を分散」して取引しよう!卵は一つのカゴに盛るな!!

仮想通貨取引所

仮想通貨を取引するリスクとしては、主に以下の5つのリスクが存在します。

  1. 価格の変動リスク
  2. 仮想通貨の紛失・盗難リスク
  3. 取引所の信用(倒産)リスク
  4. 取引所のシステム障害リスク
  5. 仮想通貨自体の信用リスク

「価格の変動リスク」を重視しがちですが、コインチェックの事件があったように、取引所のリスクなど、その他のリスクもしっかり理解をする必要があります。

 

仮想通貨の「卵」は一つのカゴに盛らない

仮想通貨の取引

投資家にとっての最大のリスクが「価格の変動リスク」であることは間違いありません。

仮想通貨の変動率(ボラティリティ)の高さは、他の金融商品(株、FX、債券、商品等)と比べても圧倒的に高く、逆にこのことが魅力的でもあり多くの投資家を引き寄せています。

保有している仮想通貨に対して損切りの逆指値注文を発注して損失の拡大を防ぐことはできますが、価格変動リスクを完全に回避することは不可能です。

投資家は「利益を得る可能性がある一方で、損するリスクもある」と理解して取引しているはずです。

仮想通貨を購入した後に価格が下がり、泣く泣く損切りして損失を確定させても、それは投資した結果であり受け入れざるを得ません。

しかし、取引所の不祥事により預けていた資産が返却されなかったり、仮想通貨の発行元の問題により、保有していた通貨の価値が下がるなどした場合「はい、そうですか」と納得する方はいないでしょう。

「ふざけるな!」と誰もが激怒し、不安な気持ちになるはずです。

冒頭に上げた5つのリスクのうち、価格変動以外の2〜5のリスクについては、実は仮想通貨を取引する取引所を分散することでリスクを低減することができます。

投資の格言に「卵は一つのカゴに盛るな」という言葉がありますが、投資をする際には取引所も分散させることが大事です。

 

仮想通貨のリスクを理解する

仮想通貨のリスク

ここでは仮想通貨の「価格変動」以外のリスクについて詳しく解説します。

仮想通貨の紛失・盗難リスク

仮想通貨の紛失・盗難は「取引所」と「個人」において起こりえます。

取引所コインチェックから日本円580億円に相当する仮想通貨ネム(XEM)が盗まれた事件は、その額もさることながら、ネムの保有者が26万人もいたこと、さらにコインチェックで取り扱っているビットコイン以外の通貨の取引と日本円の出金が停止するなど各方面に大きな影響を及ぼしました。

この事件を受け、取引所で保有している仮想通貨を自身のハードウェアウォレット等に送金して保管する人が急増しているようです。

確かに、コインチェックの件では取引所のウォレット(口座)で保有するのではなく、ハードウォレットに送金して保管することで、自身で保有する仮想通貨を守ることができました。

しかし、通貨を送金する際の手続きで失敗したり、ハードウェアのパスコードを失くした場合、リカバリーは不可能でハードウェアでの保管も必ずしも安全とはいえません。

このことからウォレットでの管理に踏み切れない方も多いはずです。

お金を銀行に、株式を証券会社に預けているように、基本的には仮想通貨も取引所にて安心に保管する体制を整えるべきです。

この事が実現しない限り、仮想通貨は市民権を得ることはできず、取引所にはセキュリティの管理体制の強化に一層取り組んでもらいたいものです。

取引所の倒産リスク

現在の仮想通貨を巡る状況は、2000年代初頭にサービスを開始したFX(外国為替証拠金取引)と重なる部分が多くあります。

当時のFXは24時間、PCや携帯で手軽に、手数料も安く、レバレッジを効かせて取引でき、為替の変動率も高いことから取引参加者が増え、人気の金融商品となりました。

FXの取引サービスを提供する側にとっても、参入障壁が低く、儲かるビジネスであることから多くの業者が乱立、中には資産の管理方法が杜撰で夜逃げ同然に倒産した会社もありました。

かつてのFXを反面教師として、仮想通貨に関しては金融当局も早い段階で法整備を整えるなどの対応しましたが、資本力のないベンチャー企業も多く、取引所の倒産リスクや管理体制の不備により、一夜にして取引所に預けている資産がなくなることも想定されます。

2018年2月現在で、審査を経て金融庁に登録されている業者は16社ありますが、金融庁は会社としての一定の管理体制を認めているのであって、会社としての経営自体を担保しているのではないことを理解する必要があります。

取引所のシステム障害リスク

「取引所にログインしようとしてもできない」「取引所のサーバーが落ちて取引できず、取引機会を失った」「値段が下がったから急いで取引したいけど画面がエラー表示になっている」

このような経験をした方も多いと思います。

特に価格が急変している時や、仮想通貨や取引所に関する大きなニュースが流れた時には、各取引所の顧客が取引システムに殺到、結果としてシステムがパンクして数時間に渡って取引できないということはザラにあります。

仮想通貨のFXや先物でレバレッジをかけて取引している方は、これにより入金できずロスカットとなり強制決済となったケースもあり、システム障害は規約の免責事項となっているとはいえ、到底納得できるものではありません。

残念ながら、現在の仮想通貨業界においては、顧客の獲得合戦が先行し、システムやセキュリティの強化は後手に回っているのが実情です。

仮想通貨はシステムトラブルにより取引どころか、ログインさえできない事もあることを認識しましょう。

仮想通貨自体の信用リスク

コインチェックが大手の仮想通貨取引所にも関わらず、金融庁から仮想通貨交換業者として認可されなかった理由として「匿名通貨」を取り扱っていたことの理由とされています。

匿名通貨とは送金先や取引履歴などの情報がWeb上で公開されない秘匿性の高い仮想通貨のことで、コインチェックで取引できるDash(ダッシュ)やMonero(モネロ)といった通貨が該当します。

コインチェックから奪われたネム(XEM)については、その送金先が追跡され捕捉されているため犯人も換金できずにいますが、匿名通貨は情報が開示されないため追跡することができません。

仮想通貨にはすでに1,500種類以上あるとされ、中には怪しい通貨もあるのが事実です。

発行者が悪意を持って、取引する顧客からお金を巻き上げることを意図して作り上げた仮想通貨も中には紛れている可能性もあります。

金融庁に登録されている業者が扱っている仮想通貨については、時価総額と流動性が高く、信頼性の高い仮想通貨となっていますが、例えば海外の取引所で「草コイン」と呼ばれる価値の低い仮想通貨を取引している方は仮想通貨自体の信用リスクにも注意する必要があります。

金融庁に登録済みの複数の取引所で分散して取引を!

おすすめの仮想通貨取引所

コインチェック事件が発生したその日の夜のニュースで30代のサラリーマンの方が匿名でテレビのインタビューを受けていました。

その方は預金約1,000万円全額をコインチェックに預けて仮想通貨を取引しており、居ても立っても居られずコインチェックの渋谷の本社に駆けつけたとのことでした。

取引が停止され、さらに日本円の出金ができず、途方に暮れている様子が伝わってきたのを覚えています。

これらのリスクを低減させる方法としてお勧めしたいのは、複数の仮想通貨取引所で口座を開設し取引をすることです。

例えば仮想通貨に投じる資金が200万円ある場合、50万円を4つの取引所に分散させることで、200万円の資産がある日突然凍結されるというような事態を避けることができます。

複数の口座を利用することで、仮想通貨に関する情報量が増え、取引ツールの利便性を比較検討しながら使えるといったメリットもあります。

ここでは、実際に使用したうえで、おすすめできる取引所(全て金融庁登録済み)をご紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

口座数、取引量、資本金全てで国内NO.1の取引所bitFlyerです。

顧客数は2017年に100万人を突破、顧客数が多いためbitFlyerのビットコイン取引所には多くの注文が集まり、売値と買値の差が非常に少なく、ビットコインは最も低コストで取引できます。

メガバンクをはじめとする大手企業から出資されており信用力も高く、仮想通貨関連のサービスも豊富で、bitFlyerはまず最初に口座を開設したい取引所です。

bitFlyer公式HP

Zaif(ザイフ)

zaif

手数料の安さで人気のある大手取引所です。

特にネム、イーサリアム、モナコインは国内取引所の中でもNO.1の手数料の安さで、仮想通貨の自動積立もできることも大きなポイントです。

bitFlyerでは扱っていない仮想通貨、トークンも扱っているため、この大手2社を基本に取引している方が多いようです。

Zaif公式HP

GMOコイン

GMOコイン

ネット証券、FX取引でお馴染みのGMOクリック証券の兄弟会社です。

取引システムが使いやすくて、初心者の方でも迷わず口座開設→入金→取引することが可能です。

GMOクリック証券 はFXでは世界で取引高NO.1の最大手の会社であり、今後さらなる手数料の値下げを実施し、証券・FXのノウハウを活かし仮想通貨においてもトップになることが期待されています。

GMOコイン公式HP

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

2018年1月にサービスを開始した取引所です。

上記の会社と比べると後発組ですが、システムが非常に安定しており、取引ツールも使いやすくて高性能、仮想通貨の品揃えもよく重宝しています。

3月31日までに口座を開設するだけで1000円プレゼントするキャンペーンも実施中で、口座申込が殺到しているようです。急げ!

DMM Bitcoin公式HP

以上、オススメの仮想通貨取引所でした。

どの取引所も口座開設と維持するのに手数料はかからないので、まずは複数で口座を開設し、資金と取引を分散させて「万が一」を想定して仮想通貨の取引をすることをお勧めします。

www.kabu-money.com